FC2ブログ
プロフィール

ダナヲ

Author:ダナヲ
ダナヲのブログです。
@naoko_hnd
福岡在住、熊本産。
寝るとき枕は使いません。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
まとめなど。


食べログ グルメブログランキング

当ブログで使用している画像・動画・歌詞等は個人で楽しむものであり全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。 権利を侵害するものではありません。
2190

2014年6月に読んだ本

2014年6月の読書メーター読んだ本の数:4冊チェーザレ・ボルジアを知っていますか?の感想もう表紙だけでも満足。でも誤字脱字が残念。漫画はあれだけ丁寧につくってあるのに…。でもでも大満足。つくってくれてありがとうございます。いつかローマスペイン行くまで大切に心の神棚に供えとく。著者:今、63歳の感想最近一番好きな男の人。現実世界では一番。間黒男とデューク東郷を入れたっても2位。ほんとう、かっこいいのだなあ。... <a href="http://book.akahoshitakuya.com/u/137441/matome?invite_id=137441">2014年6月の読書メーター</a><br />読んだ<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%9C%AC" class="tagword">本</a>の数:4冊<br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406218284X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61IfuXGhUdL._SX100_.jpg" alt="チェーザレ・ボルジアを知っていますか?" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406218284X" title="チェーザレ・ボルジアを知っていますか?">チェーザレ・ボルジアを知っていますか?</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38525579" title="チェーザレ・ボルジアを知っていますか?のダナヲさんの感想">感想</a><br />もう表紙だけでも満足。でも誤字脱字が残念。漫画はあれだけ丁寧につくってあるのに…。でもでも大満足。つくってくれてありがとうございます。いつかローマスペイン行くまで大切に心の神棚に供えとく。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br /><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4860520882"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41KBAqqbjhL._SX100_.jpg" alt="今、63歳" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4860520882" title="今、63歳">今、63歳</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38494065" title="今、63歳のダナヲさんの感想">感想</a><br />最近一番好きな男の人。現実世界では一番。間黒男とデューク東郷を入れたっても2位。ほんとう、かっこいいのだなあ。ぴしゃりと切ってずしりとえぐるようで、それでいて無意識裡に慰撫してくれる。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%8C%97%E9%87%8E%20%E6%AD%A6">北野武</a><br /><br /><br /></a><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4816337822"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51GX9DKQSEL._SX100_.jpg" alt="「ブラック・ジャック 公式ガイドブック」~その謎と真実のカルテ~" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4816337822" title="「ブラック・ジャック 公式ガイドブック」~その謎と真実のカルテ~">「ブラック・ジャック 公式ガイドブック」~その謎と真実のカルテ~</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38470747" title="「ブラック・ジャック 公式ガイドブック」~その謎と真実のカルテ~のダナヲさんの感想">感想</a><br />間黒男かっこよすぎ。。デューク東郷を超えたかも、わたしのなかで。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2014-07-01 (Tue)
  • Category :
2188

2014年5月に読んだ本

2014年5月の読書メーター読んだ本の数:11冊きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)の感想彼らに勝るところは何一つない。でも今がいい。今が大好き。彼らが守ろうとしたものを、これからも守らねばならない。しかも彼らが期待した未来よりも、もっと効果的に。戦争をすること、それだけで敗者。心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~の感想さらっと読めるからつい手にとってさらっと読んだ後に後悔しち... <a href="http://book.akahoshitakuya.com/u/137441/matome?invite_id=137441">2014年5月の読書メーター</a><br />読んだ本の数:11冊<br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4003315715"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51rhdVi%2BNFL._SX100_.jpg" alt="きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4003315715" title="きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)">きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37695859" title="きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />彼らに勝るところは何一つない。でも今がいい。今が大好き。彼らが守ろうとしたものを、これからも守らねばならない。しかも彼らが期待した未来よりも、もっと効果的に。戦争をすること、それだけで敗者。<br clear="left"><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4861134951"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41z8r7r-gVL._SX100_.jpg" alt="心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4861134951" title="心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~">心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37695771" title="心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~のダナヲさんの感想">感想</a><br />さらっと読めるからつい手にとってさらっと読んだ後に後悔しちゃんうんですよね、この類の本。いい加減卒業せねばね。言魂も半減。やはりそこには邂逅がないと。邂逅って杓子定規な表現以外思い当たらないのが残念で悔しいところです。言葉や表現の資本ってどうしたら増えるのかな。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E6%95%B7%20%E4%BB%81">古屋敷仁</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4532319064"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51tx0a7dr9L._SX100_.jpg" alt="フリーで働く前に! 読む本" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4532319064" title="フリーで働く前に! 読む本">フリーで働く前に! 読む本</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37695674" title="フリーで働く前に! 読む本のダナヲさんの感想">感想</a><br />自己啓発研究者の本ないしお友達紹介本兼ご自身のポートフォリオ代わりって感じ。ナポレオン•ヒル並読してるからどうしても、ね。でもドキリとする言葉もあって、戒めねばね、と思った次第!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E4%B8%AD%E5%B1%B1%20%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%88">中山マコト</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4023309931"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51dvfqvaDrL._SX100_.jpg" alt="宇宙の地図" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4023309931" title="宇宙の地図">宇宙の地図</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37680045" title="宇宙の地図のダナヲさんの感想">感想</a><br />名古屋市科学館を思い出した。また行きたいな。すばらしかった、あすこは。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E8%A6%B3%E5%B1%B1%E6%AD%A3%E8%A6%8B%2C%E5%B0%8F%E4%B9%85%E4%BF%9D%E8%8B%B1%E4%B8%80%E9%83%8E">観山正見,小久保英一郎</a><br /><br clear="left"><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4396614837"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51b9cHYwNIL._SX100_.jpg" alt="仕事に効く 教養としての「世界史」" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4396614837" title="仕事に効く 教養としての「世界史」">仕事に効く 教養としての「世界史」</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37679009" title="仕事に効く 教養としての「世界史」のダナヲさんの感想">感想</a><br />おもしろい。おもしろくってすばらしい。というか何より出口治明って男の人がかっこいい。この智識と大局観にこんなかっこいい男の人どこで出会えるのかな。なんて素敵なのー。て舞い上がってたらライフネット生命の会長さんて。すごいねぇ。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%87%BA%E5%8F%A3%20%E6%B2%BB%E6%98%8E">出口治明</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4003362527"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51FoiqBgIfL._SX100_.jpg" alt="啓蒙とは何か 他四篇 (岩波文庫 青625-2)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4003362527" title="啓蒙とは何か 他四篇 (岩波文庫 青625-2)">啓蒙とは何か 他四篇 (岩波文庫 青625-2)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37658212" title="啓蒙とは何か 他四篇 (岩波文庫 青625-2)のダナヲさんの感想">感想</a><br />さすが昔からある知の体系って、やっぱりすごい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88">カント</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/orgce85d2a47b"><img src="http://img.bookmeter.com/book_image/SX100/no_image.gif" alt="考える蜚蠊" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/orgce85d2a47b" title="考える蜚蠊">考える蜚蠊</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637782" title="考える蜚蠊のダナヲさんの感想">感想</a><br />人間は一匹のゴキブリにすぎない。自然のうちで最もしたたかなものである。しかしこれは、考えるゴキブリなのである。独特のユーモア酵母もたっぷり。昆虫はその進化の過程で人間の想像するようなありとあらゆることを実現してしまっている(空を飛ぶだとか水に潜るだとか社会をつくりそれを徹底的に階級的なものとするとか)。という文には、なるほどなーそこかー!感心した。「メロディは違うけれど似た歌みたいな本たち」じゃなくって、こうやってガッツンと違ういろんな本をハードボイルドに読んでいきたい。ゴルゴのように生きたい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%A5%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E4%B8%89%E9%83%8E">奥本大三郎</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4784511105"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51wJIi7Nn8L._SX100_.jpg" alt="共産主婦―東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日 (共産趣味インターナショナル)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4784511105" title="共産主婦―東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日 (共産趣味インターナショナル)">共産主婦―東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日 (共産趣味インターナショナル)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637736" title="共産主婦―東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日 (共産趣味インターナショナル)のダナヲさんの感想">感想</a><br />旧共産圏デザイン!すてきである!!70年代頃とか、かわいいなぁ。あの時代だからこそ生まれ出る雰囲気なのかしら。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9">イスクラ</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062177641"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Ll0jb1RjL._SX100_.jpg" alt="別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062177641" title="別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判">別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637597" title="別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判のダナヲさんの感想">感想</a><br />最近まで木嶋佳苗、キジカナのブログを読んでいたので、本を手に取るなど。すごいね。神は細部に宿るっていうか、キジカナは細部に宿るっていうか。この、めちゃくちゃ息苦しくって並々ならないこの、感じ。隙の無さ。わたしは、いま、ひとつひとつ、貴方其方にむけて、お手紙を書いているのです。みたいな。近い近い!迫ってくるー!みたいな。佐野眞一っていうかキジカナブログの感想だね。北原みのりの毒婦のがおもしろかったような。ジャーナリストっていうのも不思議な人たち。この装丁まで含めてこの人の主張なのかしら。世の中は全部ふしぎ。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E4%BD%90%E9%87%8E%20%E7%9C%9E%E4%B8%80">佐野眞一</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4063950441"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51SFLJl2H%2BL._SX100_.jpg" alt="進撃の巨人(13) (講談社コミックス)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4063950441" title="進撃の巨人(13) (講談社コミックス)">進撃の巨人(13) (講談社コミックス)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637572" title="進撃の巨人(13) (講談社コミックス)のダナヲさんの感想">感想</a><br />最近また読みまくって見まくって11巻から購入という体たらくっぷり。マガジンも怖い。どうなるんだろうか。私もすごい妄想人間だって自分で思うのだけれど、こういう漫画をつくる人たちの思考回路というか、妄想っぷりってどんなもんなんだろうか。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E8%AB%AB%E5%B1%B1%20%E5%89%B5">諫山創</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/415031019X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/21JMwi4R89L._SX100_.jpg" alt="ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/415031019X" title="ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)">ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637533" title="ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)のダナヲさんの感想">感想</a><br />おすすめされなければ読まなかったであろう1冊なので、こういうのはとても嬉しいものです。設定も、現在身近にあるテクノロジーの1歩先からさもありなんな!と思うものまで、造像だにしうるのばかりで、とてもたのしい。こういうのこそ映画化とかアニメ化すればよいのにさ、と思ったらするんですって!アニメといえばセーラームーンが今から楽しみ。めーくあーっぷ!<br /> 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E4%BC%8A%E8%97%A4%20%E8%A8%88%E5%8A%83">伊藤計劃</a><br /><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2014-05-31 (Sat)
  • Category :
2146

2013年10月に読んだ本

読んだ本の数:7冊読んだページ数:1662ページレター 01.の感想言葉にするのもはばかられて真綿のようでちょうちょのようで。著者:ミナペルホネン読売スタイルブック (1954年)の感想ほかの新聞社のも読んでみたい。 著者:知恵蔵裁判全記録―1995-1999の感想すごく悔しかったんだね。組版が綺麗。著者:鈴木一誌,知恵蔵裁判を読む会幸服の重ね着の感想こんな人おったらほれてまうけどあまりにイケメソ、だからこうして本でその人... 読んだ本の数:7冊<br />読んだページ数:1662ページ<br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4861008964"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31JM-wYx8uL._SX100_.jpg" alt="レター 01." align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4861008964" title="レター 01.">レター 01.</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32407939" title="レター 01.のダナヲさんの感想">感想</a><br />言葉にするのもはばかられて真綿のようでちょうちょのようで。著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%83%9F%E3%83%8A%20%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%8D%E3%83%B3">ミナペルホネン</a><br clear="left"><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/B000JB6VXA"><img src="http://img.bookmeter.com/book_image/SX100/no_image.gif" alt="読売スタイルブック (1954年)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/B000JB6VXA" title="読売スタイルブック (1954年)">読売スタイルブック (1954年)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32520830" title="読売スタイルブック (1954年)のダナヲさんの感想">感想</a><br />ほかの新聞社のも読んでみたい。<br /> 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487233566X"><img src="http://img.bookmeter.com/book_image/SX100/no_image.gif" alt="知恵蔵裁判全記録―1995-1999" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487233566X" title="知恵蔵裁判全記録―1995-1999">知恵蔵裁判全記録―1995-1999</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32504089" title="知恵蔵裁判全記録―1995-1999のダナヲさんの感想">感想</a><br />すごく悔しかったんだね。組版が綺麗。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%88%B4%E6%9C%A8%20%E4%B8%80%E8%AA%8C%2C%E7%9F%A5%E6%81%B5%E8%94%B5%E8%A3%81%E5%88%A4%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80%E4%BC%9A">鈴木一誌,知恵蔵裁判を読む会</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487290639X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41qZjUar2YL._SX100_.jpg" alt="幸服の重ね着" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487290639X" title="幸服の重ね着">幸服の重ね着</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32406537" title="幸服の重ね着のダナヲさんの感想">感想</a><br />こんな人おったらほれてまうけどあまりにイケメソ、だからこうして本でその人のおしゃれ哲学読ませていただくくらいがちょうどいい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E6%99%AF">柿本景</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062997320"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41bvB4twftL._SX100_.jpg" alt="おしゃれの練習帖 理論派スタイリストが伝授" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062997320" title="おしゃれの練習帖 理論派スタイリストが伝授">おしゃれの練習帖 理論派スタイリストが伝授</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32405477" title="おしゃれの練習帖 理論派スタイリストが伝授のダナヲさんの感想">感想</a><br />ファッションはセンスで頭良くないとだめなんだね!ワードロープは両手広がるくらいで十分。ほんとそのとおりです。見習わねばなるまいよー。。トレンチ、パンツ、ジーンズ、シャツ…サイズ感の判断基準もためになった、気が、します。インナーはボトムスへの橋渡しって、なるほどなーって、思った。<br />読了日:10月5日 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%A4%A7%E8%8D%89%20%E7%9B%B4%E5%AD%90">大草直子</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4863130856"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51%2BJYy6PtwL._SX100_.jpg" alt="一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4863130856" title="一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界">一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32365776" title="一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界のダナヲさんの感想">感想</a><br />在りし日のアメリカが誕生する瞬間を目撃しているよう。ベルエポックなファッション、摩天楼の足元を走る馬車と初期の自動車、ガス灯。そして日本もまた美しくて。日常の隅々まで芸術が行き渡り、社会を潤していた時代。まだ世界がとても広かった頃のお話。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%2C%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%99%E3%82%B0">ボリス・マルタン,ワルデマール・アベグ</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062604868"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PY3EGV9FL._SX100_.jpg" alt="三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062604868" title="三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)">三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32364792" title="三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />写楽くんもボクっ娘の和登さんもかわいいかわいい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%89%8B%E5%A1%9A%20%E6%B2%BB%E8%99%AB">手塚治虫</a><br clear="left"><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2013-10-31 (Thu)
  • Category :
2081

2013年7月に読んだ本

読んだ本の数:8冊読んだページ数:1789ページタモリ論 (新潮新書)の感想1本のエッセイにまとめてしまってもよかったのでは。そしてあわよくば、いろんな人のタモさん論を集合させて本にしても良かったのでは。あわよくば!タモリさんの書いた本が読みたいけど、お高い!著者:樋口 毅宏2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」の感想2030年の世界を決定づける4つのメガトレンドは、①個人の力の拡大... 読んだ本の数:8冊<br />読んだページ数:1789ページ<br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4106105276"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iu-a0zosL._SX100_.jpg" alt="タモリ論 (新潮新書)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4106105276" title="タモリ論 (新潮新書)">タモリ論 (新潮新書)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30530415" title="タモリ論 (新潮新書)のダナヲさんの感想">感想</a><br />1本のエッセイにまとめてしまってもよかったのでは。そしてあわよくば、いろんな人のタモさん論を集合させて本にしても良かったのでは。あわよくば!タモリさんの書いた本が読みたいけど、お高い!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%A8%8B%E5%8F%A3%20%E6%AF%85%E5%AE%8F">樋口 毅宏</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062183765"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/519pwOXZiaL._SX100_.jpg" alt="2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062183765" title="2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」">2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30723475" title="2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」のダナヲさんの感想">感想</a><br />2030年の世界を決定づける4つのメガトレンドは、①個人の力の拡大、②権力の拡散、③人口構成の変化、④食料・水・エネルギー問題の連鎖。3年、もしくは5年後、日本を飛び出したい。うー、ん。風立ちぬ、いざ生きめやもよ!!!!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062178982"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51XW5gxoKEL._SX100_.jpg" alt="日本をダメにしたB層の研究" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062178982" title="日本をダメにしたB層の研究">日本をダメにしたB層の研究</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30723644" title="日本をダメにしたB層の研究のダナヲさんの感想">感想</a><br />哲学家さんだったのか!!しかも5つしか違わない!!!哲学家の方と話してみたい。超とかヤバいとかまじか!とか一切言わないんでしょうね、きっと。すばらしい日本語を丁寧に話されるのです、たぶん。あぁ。いいなぁ。ブログに「室伏広治という生き方」という回があったんだけれど、残念。この方、室伏広治の魅力をまったくご理解いただいてないみたい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%81%A9%E8%8F%9C%20%E5%8F%8E">適菜 収</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406218480X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51uT0w00mjL._SX100_.jpg" alt="日本を救うC層の研究" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406218480X" title="日本を救うC層の研究">日本を救うC層の研究</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30723783" title="日本を救うC層の研究のダナヲさんの感想">感想</a><br />これもおもしろかったー。でも、B層かC層かどっちか読めばそれで十分かも。良識智識がほしいなー。でも一長一短では身につかないし、なにぶん、こんな甘っつらで、覚悟もない私が人生の理念だとか身に付けることができるのだろうか。ビジョンだとか、結果だとか、哲学だとか、なにかひとつでも、あれば、と思うのだけれど、生きてるだけでまるもうけYOって思っちゃうから、だめなのですね。難儀。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%81%A9%E8%8F%9C%20%E5%8F%8E">適菜 収</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4120037622"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31Q9CWVSSAL._SX100_.jpg" alt="Ex‐formation RESORT" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4120037622" title="Ex‐formation RESORT">Ex‐formation RESORT</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30724155" title="Ex‐formation RESORTのダナヲさんの感想">感想</a><br />こういうのに真面目に取り組めるそれぞれの時間と余裕がうらやましい。ただ純粋に、そう。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%8E%9F%E7%A0%94%E5%93%89%E3%82%BC%E3%83%9F">原研哉ゼミ</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4120036855"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31XF4Q747BL._SX100_.jpg" alt="Ex‐formation 四万十川" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4120036855" title="Ex‐formation 四万十川">Ex‐formation 四万十川</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30724179" title="Ex‐formation 四万十川のダナヲさんの感想">感想</a><br />うん、やっぱりこういうことに真面目一徹に取り組める時間と余裕がうらやましい。でも、あぁ、人はこういうふうに連想したりするんだな、イメージを広げているんだなっていうことが見て取れて、楽しい。深い認識に達する前に、所詮こんなもんであろ、と少ない情報だけで知っているように感じてしまう、そんな高を括っている日常で、”知らないことを分ける”という作業は、思考や知識を深めるために重要だと、そう思いました!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%8E%9F%E7%A0%94%E5%93%89%E3%82%BC%E3%83%9F">原研哉ゼミ</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4902097591"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61AYj%2BBissL._SX100_.jpg" alt="Live your Life.人生を最高の物語に変える68の言葉" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4902097591" title="Live your Life.人生を最高の物語に変える68の言葉">Live your Life.人生を最高の物語に変える68の言葉</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30724278" title="Live your Life.人生を最高の物語に変える68の言葉のダナヲさんの感想">感想</a><br />はっとする言葉だらけで。考えて動けなるくらいなら、考える暇もないくらい動こうぜ/見失っているのは、進む道じゃなくて、その道を歩く勇気/目の前の景色がいつまで経っても変わらないのは、自分自身が一歩も歩いていないからだ/どんな人生がいいかって、嬉しくてっも悲しくっても、ただ、驚きの連続であってほしい/自分の人生にもっと体重乗っけろよ!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4022615702"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41ZgvHMjYoL._SX100_.jpg" alt="テレビ、このやっかいな同居人 (朝日文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4022615702" title="テレビ、このやっかいな同居人 (朝日文庫)">テレビ、このやっかいな同居人 (朝日文庫)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30748886" title="テレビ、このやっかいな同居人 (朝日文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />おもしろかった。このやっかいな同居人っていうのが、そのままfacebookだのパソコンだのゲームだの、いろんなものに成り変わっていくんだわ、盛者必衰。どうすればそれらと上手に付き合い、騙されもせず、馬鹿にもならず、知的に、タフな心で生きられるんだろうか。この感性の空洞はどこまで続くのかな。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%98%BF%E4%B9%85%20%E6%82%A0">阿久 悠</a><br clear="left"><br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2013-07-31 (Wed)
  • Category :
2074

2013年6月に読んだ本

この記事はブロとものみ閲覧できます<br />
  • Date : 2013-06-30 (Sun)
  • Category :
    Return to Pagetop