FC2ブログ
プロフィール

ダナヲ

Author:ダナヲ
ダナヲのブログです。
@naoko_hnd
福岡在住、熊本産。
寝るとき枕は使いません。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
まとめなど。


食べログ グルメブログランキング

当ブログで使用している画像・動画・歌詞等は個人で楽しむものであり全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。 権利を侵害するものではありません。
2247

2014年10月に読んだ本

2014年10月の読書メーター読んだ本の数:13冊読んだページ数:2699ページ上機嫌の才能の感想上機嫌の才能って、言い得て妙。むべなるかな、かな。著者:田辺聖子世界の首脳・ジョークとユーモア集 (中公新書ラクレ)の感想すごく知己に富んだ方なのだろうけどこの本ではまったくその片鱗も見えず。雲の上の内輪話の備忘録といった感じ。著者:おおばともみつ停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)の感想すごくリアルで普遍的。この人... <a href="http://bookmeter.com/u/137441/matome?invite_id=137441">2014年10月の読書メーター</a><br />読んだ本の数:13冊<br />読んだページ数:2699ページ<br /><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4759311971"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41CC25tOaXL._SX100_.jpg" alt="上機嫌の才能" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4759311971" title="上機嫌の才能">上機嫌の才能</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41785401" title="上機嫌の才能のダナヲさんの感想">感想</a><br />上機嫌の才能って、言い得て妙。むべなるかな、かな。<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E7%94%B0%E8%BE%BA%20%E8%81%96%E5%AD%90">田辺聖子</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://bookmeter.com/b/4121502957"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41CvjltkAWL._SX100_.jpg" alt="世界の首脳・ジョークとユーモア集 (中公新書ラクレ)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4121502957" title="世界の首脳・ジョークとユーモア集 (中公新書ラクレ)">世界の首脳・ジョークとユーモア集 (中公新書ラクレ)</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/42028376" title="世界の首脳・ジョークとユーモア集 (中公新書ラクレ)のダナヲさんの感想">感想</a><br />すごく知己に富んだ方なのだろうけどこの本ではまったくその片鱗も見えず。雲の上の内輪話の備忘録といった感じ。<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E3%81%8A%E3%81%8A%E3%81%B0%20%E3%81%A8%E3%82%82%E3%81%BF%E3%81%A4">おおばともみつ</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4105900196"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51G33MQACPL._SX100_.jpg" alt="停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4105900196" title="停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)">停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/42011916" title="停電の夜に (新潮クレスト・ブックス)のダナヲさんの感想">感想</a><br />すごくリアルで普遍的。この人の描く男性はかっこいいなあ。最後の「三度目で最後の大陸」がいちばん好き。<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%83%91%20%E3%83%A9%E3%83%92%E3%83%AA">ジュンパラヒリ</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4000259903"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41RtCG7popL._SX100_.jpg" alt="思考の取引――書物と書店と" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4000259903" title="思考の取引――書物と書店と">思考の取引――書物と書店と</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41881599" title="思考の取引――書物と書店とのダナヲさんの感想">感想</a><br />本に甘えられるのがしあわせか、本に殺されるのが幸せか。日に一冊の本を読めるのがしあわせか、生涯に1冊の本と出会えるのが幸せか。<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%3D%E3%83%AA%E3%83%A5%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%8A%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%BC">ジャン=リュック・ナンシー</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4799312251"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31tBI22F5fL._SX100_.jpg" alt="独学術 (ディスカヴァー携書)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4799312251" title="独学術 (ディスカヴァー携書)">独学術 (ディスカヴァー携書)</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41881261" title="独学術 (ディスカヴァー携書)のダナヲさんの感想">感想</a><br />辞書、辞典、地図を備えるっていうのはなるほど!学習のコツや心構え、テーマに沿った調査方法もなるほど!だった。その下準備が大切なのだね。そうだよね。そして図書館の近くに住むって!灯台下暗し。なるほどどー!<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E7%99%BD%E5%8F%96%20%E6%98%A5%E5%BD%A6">白取春彦</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4799313150"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51UrdXn2u9L._SX100_.jpg" alt="ビジネスファッションルール 武器としての服装術" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4799313150" title="ビジネスファッションルール 武器としての服装術">ビジネスファッションルール 武器としての服装術</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41881225" title="ビジネスファッションルール 武器としての服装術のダナヲさんの感想">感想</a><br />新人の時に読んでおくべきですね!<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E5%A4%A7%E6%A3%AE%20%E3%81%B2%E3%81%A8%E3%81%BF">大森ひとみ</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4107900738"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61884MWRN8L._SX100_.jpg" alt="富士山 (第3号) (新潮ムック)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4107900738" title="富士山 (第3号) (新潮ムック)">富士山 (第3号) (新潮ムック)</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41881166" title="富士山 (第3号) (新潮ムック)のダナヲさんの感想">感想</a><br />いいなあこの世界観。また出してくれないかなー<br /> 著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E3%81%95%E3%81%8F%E3%82%89%20%E3%82%82%E3%82%82%E3%81%93">さくらももこ</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4309413196"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41-X1frnchL._SX100_.jpg" alt="塩一トンの読書 (河出文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4309413196" title="塩一トンの読書 (河出文庫)">塩一トンの読書 (河出文庫)</a><br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E9%A0%88%E8%B3%80%20%E6%95%A6%E5%AD%90">須賀敦子</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4622077000"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51KHNFH4c9L._SX100_.jpg" alt="そこに僕らは居合わせた―― 語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4622077000" title="そこに僕らは居合わせた―― 語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶">そこに僕らは居合わせた―― 語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41786626" title="そこに僕らは居合わせた―― 語り伝える、ナチス・ドイツ下の記憶のダナヲさんの感想">感想</a><br />普通の人々が「あの時」をどう過ごしたのか。こういう本の日本バージョンこそ読みたい。何かないでしょうかしら。九大医学歴史館も「あの時」の資料なり記録なりあるのであれば、是非に展示してほしい!と思いますね!!<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E3%82%B0%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%AB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%91%E3%82%A6%E3%82%BC%E3%83%B4%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%B0">グードルン・パウゼヴァング</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4270002743"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41JkKpBrSAL._SX100_.jpg" alt="サンタクロースにインタビュー" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4270002743" title="サンタクロースにインタビュー">サンタクロースにインタビュー</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41786586" title="サンタクロースにインタビューのダナヲさんの感想">感想</a><br />ドイツ本月間。ちょっとひねくれたメリークリスマスにぴったり。<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AA%E3%83%92%20%E3%82%B1%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%8A%E3%83%BC">エーリヒケストナー</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4152094605"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51g0SMMJ%2BiL._SX100_.jpg" alt="紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4152094605" title="紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている">紙つなげ! 彼らが本の紙を造っている</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41785828" title="紙つなげ! 彼らが本の紙を造っているのダナヲさんの感想">感想</a><br />涙。紙の本はやっぱりなくならないよねって信じてるくせに、本がどこで作られてるかなんて知らなかった。食べる米も肉も魚も果物もどこで採れるか知ってるのに、読んでる本がどこからやってきてるか知らなかった。日本における出版物の4割を製造している日本製紙石巻工場、41名のご遺体が見つかった工場が半年で再生するまでのドキュメンタリー。この生活を支えてくれているのは誰か、忘れないようにしないと。<br /> 著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E4%BD%90%E3%80%85%20%E6%B6%BC%E5%AD%90">佐々涼子</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4569761887"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ikwQS0qeL._SX100_.jpg" alt="プーさんと仲間たち そのままでいこう (PHP文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4569761887" title="プーさんと仲間たち そのままでいこう (PHP文庫)">プーさんと仲間たち そのままでいこう (PHP文庫)</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41785763" title="プーさんと仲間たち そのままでいこう (PHP文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />ダイエットしなくちゃ、だめじゃない。って思ってた矢先に、ぷっくりおなかで、いいじゃない。っていう帯につられて即買っちゃったよね。<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q="></a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://bookmeter.com/b/4122040949"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51BCRWEYK6L._SX100_.jpg" alt="檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://bookmeter.com/b/4122040949" title="檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)">檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)</a>の<a href="http://bookmeter.com/cmt/41785720" title="檀流クッキング (中公文庫BIBLIO)のダナヲさんの感想">感想</a><br />実に美味しいエッセイ!<br />著者:<a href="http://bookmeter.com/s?q=%E6%AA%80%20%E4%B8%80%E9%9B%84">檀一雄</a><br /><br />
  • Date : 2014-10-31 (Fri)
  • Category :
2190

2014年6月に読んだ本

2014年6月の読書メーター読んだ本の数:4冊チェーザレ・ボルジアを知っていますか?の感想もう表紙だけでも満足。でも誤字脱字が残念。漫画はあれだけ丁寧につくってあるのに…。でもでも大満足。つくってくれてありがとうございます。いつかローマスペイン行くまで大切に心の神棚に供えとく。著者:今、63歳の感想最近一番好きな男の人。現実世界では一番。間黒男とデューク東郷を入れたっても2位。ほんとう、かっこいいのだなあ。... <a href="http://book.akahoshitakuya.com/u/137441/matome?invite_id=137441">2014年6月の読書メーター</a><br />読んだ<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%9C%AC" class="tagword">本</a>の数:4冊<br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406218284X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61IfuXGhUdL._SX100_.jpg" alt="チェーザレ・ボルジアを知っていますか?" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406218284X" title="チェーザレ・ボルジアを知っていますか?">チェーザレ・ボルジアを知っていますか?</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38525579" title="チェーザレ・ボルジアを知っていますか?のダナヲさんの感想">感想</a><br />もう表紙だけでも満足。でも誤字脱字が残念。漫画はあれだけ丁寧につくってあるのに…。でもでも大満足。つくってくれてありがとうございます。いつかローマスペイン行くまで大切に心の神棚に供えとく。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br /><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4860520882"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41KBAqqbjhL._SX100_.jpg" alt="今、63歳" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4860520882" title="今、63歳">今、63歳</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38494065" title="今、63歳のダナヲさんの感想">感想</a><br />最近一番好きな男の人。現実世界では一番。間黒男とデューク東郷を入れたっても2位。ほんとう、かっこいいのだなあ。ぴしゃりと切ってずしりとえぐるようで、それでいて無意識裡に慰撫してくれる。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%8C%97%E9%87%8E%20%E6%AD%A6">北野武</a><br /><br /><br /></a><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4816337822"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51GX9DKQSEL._SX100_.jpg" alt="「ブラック・ジャック 公式ガイドブック」~その謎と真実のカルテ~" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4816337822" title="「ブラック・ジャック 公式ガイドブック」~その謎と真実のカルテ~">「ブラック・ジャック 公式ガイドブック」~その謎と真実のカルテ~</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/38470747" title="「ブラック・ジャック 公式ガイドブック」~その謎と真実のカルテ~のダナヲさんの感想">感想</a><br />間黒男かっこよすぎ。。デューク東郷を超えたかも、わたしのなかで。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2014-07-01 (Tue)
  • Category :
2188

2014年5月に読んだ本

2014年5月の読書メーター読んだ本の数:11冊きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)の感想彼らに勝るところは何一つない。でも今がいい。今が大好き。彼らが守ろうとしたものを、これからも守らねばならない。しかも彼らが期待した未来よりも、もっと効果的に。戦争をすること、それだけで敗者。心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~の感想さらっと読めるからつい手にとってさらっと読んだ後に後悔しち... <a href="http://book.akahoshitakuya.com/u/137441/matome?invite_id=137441">2014年5月の読書メーター</a><br />読んだ本の数:11冊<br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4003315715"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51rhdVi%2BNFL._SX100_.jpg" alt="きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4003315715" title="きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)">きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37695859" title="きけ わだつみのこえ―日本戦没学生の手記 (岩波文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />彼らに勝るところは何一つない。でも今がいい。今が大好き。彼らが守ろうとしたものを、これからも守らねばならない。しかも彼らが期待した未来よりも、もっと効果的に。戦争をすること、それだけで敗者。<br clear="left"><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4861134951"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41z8r7r-gVL._SX100_.jpg" alt="心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4861134951" title="心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~">心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37695771" title="心を高め、道をひらく 名言の言魂~Spiritual Message~のダナヲさんの感想">感想</a><br />さらっと読めるからつい手にとってさらっと読んだ後に後悔しちゃんうんですよね、この類の本。いい加減卒業せねばね。言魂も半減。やはりそこには邂逅がないと。邂逅って杓子定規な表現以外思い当たらないのが残念で悔しいところです。言葉や表現の資本ってどうしたら増えるのかな。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%8F%A4%E5%B1%8B%E6%95%B7%20%E4%BB%81">古屋敷仁</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4532319064"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51tx0a7dr9L._SX100_.jpg" alt="フリーで働く前に! 読む本" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4532319064" title="フリーで働く前に! 読む本">フリーで働く前に! 読む本</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37695674" title="フリーで働く前に! 読む本のダナヲさんの感想">感想</a><br />自己啓発研究者の本ないしお友達紹介本兼ご自身のポートフォリオ代わりって感じ。ナポレオン•ヒル並読してるからどうしても、ね。でもドキリとする言葉もあって、戒めねばね、と思った次第!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E4%B8%AD%E5%B1%B1%20%E3%83%9E%E3%82%B3%E3%83%88">中山マコト</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4023309931"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51dvfqvaDrL._SX100_.jpg" alt="宇宙の地図" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4023309931" title="宇宙の地図">宇宙の地図</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37680045" title="宇宙の地図のダナヲさんの感想">感想</a><br />名古屋市科学館を思い出した。また行きたいな。すばらしかった、あすこは。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E8%A6%B3%E5%B1%B1%E6%AD%A3%E8%A6%8B%2C%E5%B0%8F%E4%B9%85%E4%BF%9D%E8%8B%B1%E4%B8%80%E9%83%8E">観山正見,小久保英一郎</a><br /><br clear="left"><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4396614837"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51b9cHYwNIL._SX100_.jpg" alt="仕事に効く 教養としての「世界史」" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4396614837" title="仕事に効く 教養としての「世界史」">仕事に効く 教養としての「世界史」</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37679009" title="仕事に効く 教養としての「世界史」のダナヲさんの感想">感想</a><br />おもしろい。おもしろくってすばらしい。というか何より出口治明って男の人がかっこいい。この智識と大局観にこんなかっこいい男の人どこで出会えるのかな。なんて素敵なのー。て舞い上がってたらライフネット生命の会長さんて。すごいねぇ。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%87%BA%E5%8F%A3%20%E6%B2%BB%E6%98%8E">出口治明</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4003362527"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51FoiqBgIfL._SX100_.jpg" alt="啓蒙とは何か 他四篇 (岩波文庫 青625-2)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4003362527" title="啓蒙とは何か 他四篇 (岩波文庫 青625-2)">啓蒙とは何か 他四篇 (岩波文庫 青625-2)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37658212" title="啓蒙とは何か 他四篇 (岩波文庫 青625-2)のダナヲさんの感想">感想</a><br />さすが昔からある知の体系って、やっぱりすごい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88">カント</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/orgce85d2a47b"><img src="http://img.bookmeter.com/book_image/SX100/no_image.gif" alt="考える蜚蠊" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/orgce85d2a47b" title="考える蜚蠊">考える蜚蠊</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637782" title="考える蜚蠊のダナヲさんの感想">感想</a><br />人間は一匹のゴキブリにすぎない。自然のうちで最もしたたかなものである。しかしこれは、考えるゴキブリなのである。独特のユーモア酵母もたっぷり。昆虫はその進化の過程で人間の想像するようなありとあらゆることを実現してしまっている(空を飛ぶだとか水に潜るだとか社会をつくりそれを徹底的に階級的なものとするとか)。という文には、なるほどなーそこかー!感心した。「メロディは違うけれど似た歌みたいな本たち」じゃなくって、こうやってガッツンと違ういろんな本をハードボイルドに読んでいきたい。ゴルゴのように生きたい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%A5%A5%E6%9C%AC%E5%A4%A7%E4%B8%89%E9%83%8E">奥本大三郎</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4784511105"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51wJIi7Nn8L._SX100_.jpg" alt="共産主婦―東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日 (共産趣味インターナショナル)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4784511105" title="共産主婦―東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日 (共産趣味インターナショナル)">共産主婦―東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日 (共産趣味インターナショナル)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637736" title="共産主婦―東側諸国のレトロ家庭用品と女性たちの一日 (共産趣味インターナショナル)のダナヲさんの感想">感想</a><br />旧共産圏デザイン!すてきである!!70年代頃とか、かわいいなぁ。あの時代だからこそ生まれ出る雰囲気なのかしら。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%83%A9">イスクラ</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062177641"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51Ll0jb1RjL._SX100_.jpg" alt="別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062177641" title="別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判">別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637597" title="別海から来た女――木嶋佳苗 悪魔祓いの百日裁判のダナヲさんの感想">感想</a><br />最近まで木嶋佳苗、キジカナのブログを読んでいたので、本を手に取るなど。すごいね。神は細部に宿るっていうか、キジカナは細部に宿るっていうか。この、めちゃくちゃ息苦しくって並々ならないこの、感じ。隙の無さ。わたしは、いま、ひとつひとつ、貴方其方にむけて、お手紙を書いているのです。みたいな。近い近い!迫ってくるー!みたいな。佐野眞一っていうかキジカナブログの感想だね。北原みのりの毒婦のがおもしろかったような。ジャーナリストっていうのも不思議な人たち。この装丁まで含めてこの人の主張なのかしら。世の中は全部ふしぎ。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E4%BD%90%E9%87%8E%20%E7%9C%9E%E4%B8%80">佐野眞一</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4063950441"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51SFLJl2H%2BL._SX100_.jpg" alt="進撃の巨人(13) (講談社コミックス)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4063950441" title="進撃の巨人(13) (講談社コミックス)">進撃の巨人(13) (講談社コミックス)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637572" title="進撃の巨人(13) (講談社コミックス)のダナヲさんの感想">感想</a><br />最近また読みまくって見まくって11巻から購入という体たらくっぷり。マガジンも怖い。どうなるんだろうか。私もすごい妄想人間だって自分で思うのだけれど、こういう漫画をつくる人たちの思考回路というか、妄想っぷりってどんなもんなんだろうか。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E8%AB%AB%E5%B1%B1%20%E5%89%B5">諫山創</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/415031019X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/21JMwi4R89L._SX100_.jpg" alt="ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/415031019X" title="ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)">ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/37637533" title="ハーモニー (ハヤカワ文庫JA)のダナヲさんの感想">感想</a><br />おすすめされなければ読まなかったであろう1冊なので、こういうのはとても嬉しいものです。設定も、現在身近にあるテクノロジーの1歩先からさもありなんな!と思うものまで、造像だにしうるのばかりで、とてもたのしい。こういうのこそ映画化とかアニメ化すればよいのにさ、と思ったらするんですって!アニメといえばセーラームーンが今から楽しみ。めーくあーっぷ!<br /> 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E4%BC%8A%E8%97%A4%20%E8%A8%88%E5%8A%83">伊藤計劃</a><br /><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2014-05-31 (Sat)
  • Category :
2184

2014年3月に読んだ本

2014年3月の読書メーター読んだ本の数:6冊読んだページ数:1483ページ夜と霧 新版の感想ナチス関連書強化期間。殺人工場、殺人システム。自分がナチスだったら、ユダヤだったら何を考えどう行動しただろうか。たぶんその連綿と続くシステムに抗えず従って死ぬだけだ。人間とは、何かをつねに決定し、選ぶ存在だ。人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りの言葉を残せる存在でもある。著... <a href="http://book.akahoshitakuya.com/u/137441/matome?invite_id=137441">2014年3月の読書メーター</a><br />読んだ<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%9C%AC" class="tagword">本</a>の数:6冊<br />読んだページ数:1483ページ<br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4622039702"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41X13RTCGRL._SX100_.jpg" alt="夜と霧 新版" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4622039702" title="夜と霧 新版">夜と霧 新版</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36682545" title="夜と霧 新版のダナヲさんの感想">感想</a><br />ナチス関連書強化期間。殺人工場、殺人システム。自分がナチスだったら、ユダヤだったら何を考えどう行動しただろうか。たぶんその連綿と続くシステムに抗えず従って死ぬだけだ。人間とは、何かをつねに決定し、選ぶ存在だ。人間とは、ガス室を発明した存在だ。しかし同時に、ガス室に入っても毅然として祈りの言葉を残せる存在でもある。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BBE%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%AB">ヴィクトール・E・フランクル</a><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4167309793"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51990AKP4HL._SX100_.jpg" alt="本当の戦争の話をしよう (文春文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4167309793" title="本当の戦争の話をしよう (文春文庫)">本当の戦争の話をしよう (文春文庫)</a><br /><a href="https://blog.fc2.com/tag/%E8%AA%AD%E4%BA%86" class="tagword">読了</a>日:3月31日 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%AA%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%A8%E3%83%B3">ティム・オブライエン</a><br /><br /><br /><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/447802099X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41mFGNSxZvL._SX100_.jpg" alt="ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/447802099X" title="ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング">ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36682126" title="ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニングのダナヲさんの感想">感想</a><br />いつも縦配置でしたが、横配置に変えてみる。というところから変えてみようかな。そして、そのメモの整理整頓法がためになった。関心を持ちメモ書きすることの多い分野によって分ける(プロジェクトは別途)。机の左端に積んで、毎晩寝る前にその日書いた10㌻のメモをどれかに投げ込む。厚くなったら通し番号を付けて、整理。どんどん新しいものを上から重ねる。前のを見返すのではなく、どんどん新規で作る。そうすることで最前手がどんどんアップデートされる。思ったことを思いつくままに書く。制限時間は1枚1分。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E8%B5%A4%E7%BE%BD%20%E9%9B%84%E4%BA%8C">赤羽雄二</a><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4833111063"><img src="http://img.bookmeter.com/book_image/SX100/no_image.gif" alt="無窮花(ムグンファ)の哀しみ―「証言」性奴隷にされた韓国・朝鮮人女性たち" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4833111063" title="無窮花(ムグンファ)の哀しみ―「証言」性奴隷にされた韓国・朝鮮人女性たち">無窮花(ムグンファ)の哀しみ―「証言」性奴隷にされた韓国・朝鮮人女性たち</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36681990" title="無窮花(ムグンファ)の哀しみ―「証言」性奴隷にされた韓国・朝鮮人女性たちのダナヲさんの感想">感想</a><br />中国江沢民主席時代の同国首相、朱鎔基が日<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%9C%AC" class="tagword">本</a>人記者団に語ったという言葉「中国は、歴史で日<a href="https://blog.fc2.com/tag/%E6%9C%AC" class="tagword">本</a>を刺激してはならない。日本は、歴史を忘れてはならない」。剛腕、鉄腕との異名を取った宰相のこの言葉に救われる思いがする。歴史は忘れない。でも、前に進みたい。こうして、前を見てともに進むことはできないものだろうか。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E4%BC%8A%E8%97%A4%20%E5%AD%9D%E5%8F%B8">伊藤孝司</a><br clear="left"><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4004314658"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31%2Bh7zwk9eL._SX100_.jpg" alt="言葉と歩く日記 (岩波新書)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4004314658" title="言葉と歩く日記 (岩波新書)">言葉と歩く日記 (岩波新書)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/36646447" title="言葉と歩く日記 (岩波新書)のダナヲさんの感想">感想</a><br />どうしてこうも言葉を言語を自由に操ることができるのかしら。生活の断片や頭の中を覗いているようで、大変たのしかったし、とてもとても素晴らしい本!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%A4%9A%E5%92%8C%E7%94%B0%20%E8%91%89%E5%AD%90">多和田葉子</a><br /><br /><br /><br /><br /><br clear="left"><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2014-03-31 (Mon)
  • Category :
2146

2013年10月に読んだ本

読んだ本の数:7冊読んだページ数:1662ページレター 01.の感想言葉にするのもはばかられて真綿のようでちょうちょのようで。著者:ミナペルホネン読売スタイルブック (1954年)の感想ほかの新聞社のも読んでみたい。 著者:知恵蔵裁判全記録―1995-1999の感想すごく悔しかったんだね。組版が綺麗。著者:鈴木一誌,知恵蔵裁判を読む会幸服の重ね着の感想こんな人おったらほれてまうけどあまりにイケメソ、だからこうして本でその人... 読んだ本の数:7冊<br />読んだページ数:1662ページ<br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4861008964"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31JM-wYx8uL._SX100_.jpg" alt="レター 01." align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4861008964" title="レター 01.">レター 01.</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32407939" title="レター 01.のダナヲさんの感想">感想</a><br />言葉にするのもはばかられて真綿のようでちょうちょのようで。著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%83%9F%E3%83%8A%20%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%9B%E3%83%8D%E3%83%B3">ミナペルホネン</a><br clear="left"><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/B000JB6VXA"><img src="http://img.bookmeter.com/book_image/SX100/no_image.gif" alt="読売スタイルブック (1954年)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/B000JB6VXA" title="読売スタイルブック (1954年)">読売スタイルブック (1954年)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32520830" title="読売スタイルブック (1954年)のダナヲさんの感想">感想</a><br />ほかの新聞社のも読んでみたい。<br /> 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487233566X"><img src="http://img.bookmeter.com/book_image/SX100/no_image.gif" alt="知恵蔵裁判全記録―1995-1999" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487233566X" title="知恵蔵裁判全記録―1995-1999">知恵蔵裁判全記録―1995-1999</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32504089" title="知恵蔵裁判全記録―1995-1999のダナヲさんの感想">感想</a><br />すごく悔しかったんだね。組版が綺麗。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%88%B4%E6%9C%A8%20%E4%B8%80%E8%AA%8C%2C%E7%9F%A5%E6%81%B5%E8%94%B5%E8%A3%81%E5%88%A4%E3%82%92%E8%AA%AD%E3%82%80%E4%BC%9A">鈴木一誌,知恵蔵裁判を読む会</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487290639X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41qZjUar2YL._SX100_.jpg" alt="幸服の重ね着" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487290639X" title="幸服の重ね着">幸服の重ね着</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32406537" title="幸服の重ね着のダナヲさんの感想">感想</a><br />こんな人おったらほれてまうけどあまりにイケメソ、だからこうして本でその人のおしゃれ哲学読ませていただくくらいがちょうどいい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%9F%BF%E6%9C%AC%E6%99%AF">柿本景</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062997320"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41bvB4twftL._SX100_.jpg" alt="おしゃれの練習帖 理論派スタイリストが伝授" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062997320" title="おしゃれの練習帖 理論派スタイリストが伝授">おしゃれの練習帖 理論派スタイリストが伝授</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32405477" title="おしゃれの練習帖 理論派スタイリストが伝授のダナヲさんの感想">感想</a><br />ファッションはセンスで頭良くないとだめなんだね!ワードロープは両手広がるくらいで十分。ほんとそのとおりです。見習わねばなるまいよー。。トレンチ、パンツ、ジーンズ、シャツ…サイズ感の判断基準もためになった、気が、します。インナーはボトムスへの橋渡しって、なるほどなーって、思った。<br />読了日:10月5日 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%A4%A7%E8%8D%89%20%E7%9B%B4%E5%AD%90">大草直子</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4863130856"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51%2BJYy6PtwL._SX100_.jpg" alt="一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4863130856" title="一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界">一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32365776" title="一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界のダナヲさんの感想">感想</a><br />在りし日のアメリカが誕生する瞬間を目撃しているよう。ベルエポックなファッション、摩天楼の足元を走る馬車と初期の自動車、ガス灯。そして日本もまた美しくて。日常の隅々まで芸術が行き渡り、社会を潤していた時代。まだ世界がとても広かった頃のお話。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%83%9C%E3%83%AA%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%9E%E3%83%AB%E3%82%BF%E3%83%B3%2C%E3%83%AF%E3%83%AB%E3%83%87%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%99%E3%82%B0">ボリス・マルタン,ワルデマール・アベグ</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062604868"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PY3EGV9FL._SX100_.jpg" alt="三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062604868" title="三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)">三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32364792" title="三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />写楽くんもボクっ娘の和登さんもかわいいかわいい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%89%8B%E5%A1%9A%20%E6%B2%BB%E8%99%AB">手塚治虫</a><br clear="left"><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2013-10-31 (Thu)
  • Category :
2135

2013年9月に読んだ本

読んだ本の数:11冊読んだページ数:2378ページ回転木馬のデッド・ヒートの感想こんなふうに、物事を感じる人なんだな、と。ハルキムラカミフィルターが見えた気がしておもしろかった。そして、そうやって捉えてこんなふうに伝えるのね、とただただ感心するのみ。著者:村上春樹がんばった分だけ認められる 女子の仕事術の感想あざとい。って思うとこもあって、なんだか。ぜんぶ知ってたけどね!ぷんすか!著者:千葉のり子今日か... 読んだ本の数:11冊<br />読んだページ数:2378ページ<br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406201839X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/2177H57GY5L._SX100_.jpg" alt="回転木馬のデッド・ヒート" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406201839X" title="回転木馬のデッド・ヒート">回転木馬のデッド・ヒート</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31881142" title="回転木馬のデッド・ヒートのダナヲさんの感想">感想</a><br />こんなふうに、物事を感じる人なんだな、と。ハルキムラカミフィルターが見えた気がしておもしろかった。そして、そうやって捉えてこんなふうに伝えるのね、とただただ感心するのみ。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%9D%91%E4%B8%8A%20%E6%98%A5%E6%A8%B9">村上春樹</a><br /><br /><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4534051115"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41K1nnu3WhL._SX100_.jpg" alt="がんばった分だけ認められる 女子の仕事術" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4534051115" title="がんばった分だけ認められる 女子の仕事術">がんばった分だけ認められる 女子の仕事術</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32243010" title="がんばった分だけ認められる 女子の仕事術のダナヲさんの感想">感想</a><br />あざとい。って思うとこもあって、なんだか。ぜんぶ知ってたけどね!ぷんすか!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%8D%83%E8%91%89%20%E3%81%AE%E3%82%8A%E5%AD%90">千葉のり子</a><br /><br /><br /><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4844373285"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PHx7d6dVL._SX100_.jpg" alt="今日からセンスを君の武器にしよう" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4844373285" title="今日からセンスを君の武器にしよう">今日からセンスを君の武器にしよう</a><br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E7%9F%B3%E6%B8%A1%20%E6%99%83%E4%B8%80">石渡晃一</a><br /><br /><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4106022419"><img src="http://img.bookmeter.com/book_image/SX100/no_image.gif" alt="高峰秀子 旅の流儀 (とんぼの本)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4106022419" title="高峰秀子 旅の流儀 (とんぼの本)">高峰秀子 旅の流儀 (とんぼの本)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32155800" title="高峰秀子 旅の流儀 (とんぼの本)のダナヲさんの感想">感想</a><br />ハンパない。気品と知性とオーラがハンパない。うつくしー。最近はこの人の本ばっか。どこまでも潔く、今で言う「ぶれない」稀有なひとの姿勢には、魅了されずにはいられません。 <br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%83%8D%E3%82%A4%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%BC">ネイサン・イングランダー</a><br /><br /><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4827208166"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41ehFc-JwUL._SX100_.jpg" alt="けもの道を笑って歩け" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4827208166" title="けもの道を笑って歩け">けもの道を笑って歩け</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32025040" title="けもの道を笑って歩けのダナヲさんの感想">感想</a><br />おもしろいね、おもしろいね。とりあえず『<a href="http://eiga-movie.cocolog-nifty.com/blog/2012/12/17-d260-3.html " target="_blank" title="26世紀青年">26世紀青年</a>』も読んでみたいのいくつか。マッキンゼーよりだんぜんおもしろかったし、為になったよ。いろいろむき出しで、たぶん。生きること、働くこと、なにかをつくり出すこと。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%9C%92%E5%AD%90%E6%B8%A9">園子温</a><br /><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4023312215"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51vHnr0MU6L._SX100_.jpg" alt="世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4023312215" title="世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?">世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/32024134" title="世界のエリートはなぜ、「この基本」を大事にするのか?のダナヲさんの感想">感想</a><br />"忙しい人のスケジュールに割り込むコツ”が実践的で役立った一方、マッキンノートの使い方っていうのは、ネーミングとフォーマットも相まってそのページのシュールさに吹き出した。あとはもう、超基本をデフォルトにしなさいってお話。 ●仕事を引き受けたからには、7割方で構わないので、翌朝にでもホウレンソウをするのが効果的→必要な修正をする時間ができる、相手の期待値を超える●引き受けた仕事は5分限定ですぐやる→仕事を再整理。作業計画を作り、時間を確保。直後だから簡単なことが聞ける、〆切日は自分の中で1日前倒しに<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%88%B8%E5%A1%9A%E9%9A%86%E5%B0%86">戸塚隆将</a><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4163750800"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51fjF76QHfL._SX100_.jpg" alt="理系の子―高校生科学オリンピックの青春" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4163750800" title="理系の子―高校生科学オリンピックの青春">理系の子―高校生科学オリンピックの青春</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31871995" title="理系の子―高校生科学オリンピックの青春のダナヲさんの感想">感想</a><br />非常に非常におもしろかった。ISEFの出場者(高校生!)の5人に1人が特許を出願する。1991年NASAが打ち上げた水星探査機に積み込まれたデータは17才の子が集めたもの。2009年USエアウェイズの航空機事故後、それを未然に防ぐ妙案を思いつき実際に作り上げたのも17才の高校生。ところどころに掲載された惹句も素敵。失敗の連続に胸打ち砕けることがあっても何度でも自分の研究に向かう子どもたちの姿は心に響く。まだ小さなその手に掴めた真実と、その小さな手そのものが人類にとっての貴重な宝で、科学の本質なのだろうね。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%87%E3%82%A3%20%E3%83%80%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%B3">ジュディダットン</a><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/430949515X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51FEX7DEWDL._SX100_.jpg" alt="そんなボキャ貧では恥をかく―あなたのボキャブラリーがグンと増える本 (KAWADE夢文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/430949515X" title="そんなボキャ貧では恥をかく―あなたのボキャブラリーがグンと増える本 (KAWADE夢文庫)">そんなボキャ貧では恥をかく―あなたのボキャブラリーがグンと増える本 (KAWADE夢文庫)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31813525" title="そんなボキャ貧では恥をかく―あなたのボキャブラリーがグンと増える本 (KAWADE夢文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />ときどきハッとするほどたおやかな言葉があって、これから使っていきたいなって思った。もう忘れたけれど。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br /><br /><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4569811388"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/314n6ANvxDL._SX100_.jpg" alt="コメントする力" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4569811388" title="コメントする力">コメントする力</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31795471" title="コメントする力のダナヲさんの感想">感想</a><br />なるほどこうしたことを意識して、実行してコメントされているのかーと感心。そうなのですよ、情報をコントローするのは私自身なのですよ。方法序説とか、福沢諭吉とか読まねばね、って思いました。情報はゾーンで見る、情報でなくその情報源を仕入れる、思いつきで話す内容がくだらないとすれば、それは思いつきであるからではなく、何かを思いつくための材料の選び方や混ぜ方、入れ方がまずいか、材料の質と量に問題があるから。ズームイン/アウト、すべてはグレーという大前提、情報はストーリーで発信、刺さるコメントより染みこむコメントを。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E7%AB%B9%E7%94%B0%20%E5%9C%AD%E5%90%BE">竹田圭吾</a><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4426603870"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/4186z5Mx-vL._SX100_.jpg" alt="ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4426603870" title="ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。">ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31794975" title="ソーシャルトラベル 旅ときどき社会貢献。のダナヲさんの感想">感想</a><br />こういう旅や活動に憧れることは多々あっても、実際に行動する!した!なんてすばらしいご夫婦だなぁと思いました。ただ、ちょっといろんなところで心がひっかかりながら読んでいて(ブラジルで掃除婦の女の子に大金を取られ、葛藤ありつつも裸にして全額取り返した話にはびっくりしたし、残念の一言。それは正しいことなのだろうけれど、私の真理とは違うなぁ)、、うー、ん。確かに暑苦しいやも。って思ってしまった私は、どんな「旅ときどき社会貢献」ができるのか。宿題ももらいました。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%9C%AC%E9%96%93%20%E5%8B%87%E8%BC%9D%2C%E6%9C%AC%E9%96%93%20%E7%BE%8E%E5%92%8C">本間勇輝,本間美和</a><br /><br /><br clear="left"><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4334037178"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31Vvnzdm38L._SX100_.jpg" alt="3日もあれば海外旅行 (光文社新書)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4334037178" title="3日もあれば海外旅行 (光文社新書)">3日もあれば海外旅行 (光文社新書)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31557924" title="3日もあれば海外旅行 (光文社新書)のダナヲさんの感想">感想</a><br />tsutayaでけばけばしく惹句とともに紹介してあって、へぇーどんなもんなんだろーって思って手にとったけど、残念、アプリとかネットとか既知。しかも今はどんどんどん新しい情報が出てくるから、著者さんもすでに新たな方法にアップデート済なのでは。こわいね、情報社会。福岡在住の方で、こういったtips教えてくれるサイトとか本ないかな。置かれた環境によってぜんっぜんtipsも違ってくると思うのですよね―。マイレージのことはもっと詳しく知りたかったな。その辺は日経トレンディあたりかな。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%90%89%E7%94%B0%20%E5%8F%8B%E5%92%8C">吉田友和</a><br /><br /><br clear="left"><br /><a href="http:<br />//book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2013-09-30 (Mon)
  • Category :
2110

2013年8月に読んだ本

すごいことに気付いてしまった。もうあと3分の1で2013年は終わって、後半分も生きたら死ぬのだね。いや、それだけ生きられるかどうかわかんないし。明日死ぬかも来年死ぬかも知れないし。今日厠上でふと思い至ったのです。三上とは昔の人はよく言ったものだね。いつの間にかほぼ日スケジュール帳も予約がはじまっているしー…。こんなになるまであんたなにやってんだ?と言われたらデヘヘと笑って頭を掻かざるを得ない。読んだ本... すごいことに気付いてしまった。もうあと3分の1で2013年は終わって、<br />後半分も生きたら死ぬのだね。いや、それだけ生きられるかどうかわかんないし。<br />明日死ぬかも来年死ぬかも知れないし。今日厠上でふと思い至ったのです。三上とは昔の人はよく言ったものだね。<br />いつの間にかほぼ日スケジュール帳も予約がはじまっているしー…。<br />こんなになるまであんたなにやってんだ?<br />と言われたらデヘヘと笑って頭を掻かざるを得ない。<br /><br />読んだ本の数:23冊<br />読んだページ数:4576ページ<br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4575238198"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51eQVjsiKUL._SX100_.jpg" alt="ランチのアッコちゃん" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4575238198" title="ランチのアッコちゃん">ランチのアッコちゃん</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30928677" title="ランチのアッコちゃんのダナヲさんの感想">感想</a><br />こうやって話すだけでぐんぐんと視野が広がっていく人は、ほんとうにありがたい存在でありますよね。見たこと聞いたこと、全部自分の糧にできる人も素晴らしいし、そうなれたら、幸せもすぐそこなのでは。出てきた料理がどれもこれもおいしそうで、今すぐに食べたい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%9F%9A%E6%9C%A8%20%E9%BA%BB%E5%AD%90">柚木麻子</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062882019"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31F9eF4z7CL._SX100_.jpg" alt="野心のすすめ (講談社現代新書)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062882019" title="野心のすすめ (講談社現代新書)">野心のすすめ (講談社現代新書)</a><br /> 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%9E%97%20%E7%9C%9F%E7%90%86%E5%AD%90">林真理子</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4837924433"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51TABwul7uL._SX100_.jpg" alt="「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!: 「8割捨てる」発想、そして実行が、あなたの人生を変える" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4837924433" title="「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!: 「8割捨てる」発想、そして実行が、あなたの人生を変える">「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!: 「8割捨てる」発想、そして実行が、あなたの人生を変える</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30810777" title="「頭のいい人」は、シンプルに仕事する!: 「8割捨てる」発想、そして実行が、あなたの人生を変えるのダナヲさんの感想">感想</a><br />スムーズな段取りを阻害する6つのM=ムリ、ムダ、ムチャ、ムラ、モレ、ミス。簡単な仕事からやってはいけない。常に3つのシナリオを準備=1.こうなってほしいシナリオ、2.こうなるはずだというシナリオ、3.ひょっとするとありうるかもというシナリオ。シナリオ=ゴール、オプション(スケジュール、人員配置、予算、コストなどの選択肢)、評価(情報からノイズを排除し、定量•定性の2つで判断)、優先順位、選択(判断のタイミングを図ること)。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E4%B8%AD%E5%B3%B6%20%E5%AD%9D%E5%BF%97">中島孝志</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4167659018"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51D8E47965L._SX100_.jpg" alt="陰の季節 (文春文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4167659018" title="陰の季節 (文春文庫)">陰の季節 (文春文庫)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30837127" title="陰の季節 (文春文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />ホテルでチェックアウトまで時間があったので読破。うー、ん。横山さんの本は骨太で男臭い色気があって大好きなのだけど、これは短編集というのもあって、なんだか長編のスピンオフみたい。ニ渡さんがかっこE。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%A8%AA%E5%B1%B1%20%E7%A7%80%E5%A4%AB">横山秀夫</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4101134081"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51KZSG3A0EL._SX100_.jpg" alt="小説日本婦道記 (新潮文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4101134081" title="小説日本婦道記 (新潮文庫)">小説日本婦道記 (新潮文庫)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30895933" title="小説日本婦道記 (新潮文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />これが日本女性の原点なんだろうな。原点であってほしい。この矜持、この覚悟、そして節度。なんてすばらしい。すべきことをしているだけでならぬものはならぬ、という自然さが哀切で堪らない。始終泣きっぱなしであった。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%B1%B1%E6%9C%AC%20%E5%91%A8%E4%BA%94%E9%83%8E">山本周五郎</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4344023706"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41LPp6teh4L._SX100_.jpg" alt="主婦と演芸" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4344023706" title="主婦と演芸">主婦と演芸</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30928868" title="主婦と演芸のダナヲさんの感想">感想</a><br />やっぱり、な知り合いから、そ、そ、そんな人とまで?!という驚きの交友関係。いいなぁ、生まれ変わったら芸能界入りたいなぁ、楽しそう。いろんな人を見る目が斜めに優しくって素敵。どうにかお近づきになれないもんかね、と思ってしまえるこの摩訶不思議雰囲気。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%B8%85%E6%B0%B4%20%E3%83%9F%E3%83%81%E3%82%B3">清水ミチコ</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4163762302"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51%2BDL5cI7rL._SX100_.jpg" alt="え、なんでまた?" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4163762302" title="え、なんでまた?">え、なんでまた?</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30962437" title="え、なんでまた?のダナヲさんの感想">感想</a><br />パッと飛び出す言葉やせりふ、テキストがおもしろくて、また周りの人たちもくすっとおもしろい人ばかりで。おもしろくないウソはダメ!って素敵なルール。ほんと、このゆるくほどほどのちょうどいい按配。この人のバランス達人たる所以かしら。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%AE%AE%E8%97%A4%20%E5%AE%98%E4%B9%9D%E9%83%8E">宮藤官九郎</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4757207875"><img src="http://img.bookmeter.com/image/no_image_100.gif" alt="質問" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4757207875" title="質問">質問</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30998469" title="質問のダナヲさんの感想">感想</a><br />久しぶりに再読。一時期毎日のようにぱらぱらと眺めてたな。世界は見逃しているものだらけだと痛切に教えてくれる名書。こんな質問よくつくれるなあ、美しく答えたいけどまったくもって駄目。夢を見るのに光は必要でしょうか、高所恐怖症の鳥もいるのでしょうか、自由からの自由も必要でしょうか、歴史から時間を引いたらなにが残るのでしょうか。さて、わたしから出せる質問は?<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E7%94%B0%E4%B8%AD%20%E6%9C%AA%E7%9F%A5">田中未知</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062882159"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/312fVxOe%2BYL._SX100_.jpg" alt="ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062882159" title="ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)">ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31049374" title="ウルトラマンが泣いている――円谷プロの失敗 (講談社現代新書)のダナヲさんの感想">感想</a><br />円谷プロ6代目社長の回顧録。とはいっても。特撮の楽しさや、特撮の神様•円谷英二や成田亨の素晴らしさなどについての言及はほとんどなくて、一族の勃興盛衰、ドロドロな人間関係と揉め事の暴露に終始した一冊。子供達の夢と憧れのヒーローから、パチンコ機器メーカーのモノに"朽ち落ちた"哀れウルトラマンに巣食っていた"大人の事情"。なんかもうあまりにもなにもかもが。著者の感覚や所見すら、ズレ、モレ、揉め、無理で、どこから突っ込んでいいかわかんない。怪獣とウルトラマンのバトルのほうがずっと爽やか。シュワッチ!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%86%86%E8%B0%B7%20%E8%8B%B1%E6%98%8E">円谷英明</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487928081X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61z5dAnEqNL._SX100_.jpg" alt="希望の王国" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/487928081X" title="希望の王国">希望の王国</a><br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%AB%98%E6%A9%8B%E4%BD%B3%E5%AD%90">高橋佳子</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/433151515X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41Hd1PFxK1L._SX100_.jpg" alt="ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ (廣済堂新書)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/433151515X" title="ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ (廣済堂新書)">ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ (廣済堂新書)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31140546" title="ダメなときほど運はたまる ~だれでも「運のいい人」になれる50のヒント~ (廣済堂新書)のダナヲさんの感想">感想</a><br />はて?。なんだか凄い人だねぇ‥としみじみ。天才の文章を解釈するのは難儀。初めてwikiを見たけれど、将棋も嗜まれるみたいだし、ルービック・キューブが非常に得意。ひとつの時代のうねりのようなものを作った方みたいだし、タモリ論みたいに、だれか大将のこと書いてくんないかね!金を貯めるより、運を貯めろ、と。うん、大事ね。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E8%90%A9%E6%9C%AC%20%E6%AC%BD%E4%B8%80">萩本欽一</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4838716850"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41DP39SWQFL._SX100_.jpg" alt="ぼくの村は戦場だった。" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4838716850" title="ぼくの村は戦場だった。">ぼくの村は戦場だった。</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31141016" title="ぼくの村は戦場だった。のダナヲさんの感想">感想</a><br />この時期になると、御巣鷹や戦争関連の本を読んでしまうのははて、何年前からか。すばらしい、すばらしい本で。この人は、どれほどの、どれほどの背負いきれないほどの重さの、命を懸けたそれらの訴えを、カメラに、内に収めてきたんだろうか。遠い世界で起きた出来事が、ずんと自分の胸に迫ってくるような、でも涙腺崩壊気味の私ですが涙が出るとかでは決してなくって。これが、"ジャーナリスト”が書く文章なのかなって、おもった。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%B1%B1%E6%9C%AC%20%E7%BE%8E%E9%A6%99">山本美香</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/B00D2M64F8"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/518DUMGi2VL._SX100_.jpg" alt="テルマエ・ロマエ コミック 1-6巻セット (ビームコミックス)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/B00D2M64F8" title="テルマエ・ロマエ コミック 1-6巻セット (ビームコミックス)">テルマエ・ロマエ コミック 1-6巻セット (ビームコミックス)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31237793" title="テルマエ・ロマエ コミック 1-6巻セット (ビームコミックス)のダナヲさんの感想">感想</a><br />夏の本気の暑さに溶けそう!!!!!ああ、日本人がおだやかで争いごとを好まない気質なのは、このお風呂習慣が影響しているんだ、と痛感します。おもしろい漫画だなぁ。ローマの話はいつの時代でも小説でも漫画でも映画でも。ほんとおもしろい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%83%A4%E3%83%9E%E3%82%B6%E3%82%AD%E3%83%9E%E3%83%AA">ヤマザキマリ</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4088519027"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51F60ACJW7L._SX100_.jpg" alt="DRAGON BALL(全42巻セット) (ジャンプコミックス)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4088519027" title="DRAGON BALL(全42巻セット) (ジャンプコミックス)">DRAGON BALL(全42巻セット) (ジャンプコミックス)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31287466" title="DRAGON BALL(全42巻セット) (ジャンプコミックス)のダナヲさんの感想">感想</a><br />悟天がかわいくって!ベジータを夫にしたブルマがうらやましい。ちきしょう。"THE・少年漫画の金字塔”、おもしろいなー。いろいろ?が浮かぶところもあるし批判もあるけれど、やっぱりこの漫画は近い将来甥っ子たちにも読んで欲しいし、見せたいし。ナッパとかフリーザが現れた時の絶望感って、あの子ども時代だからこそだったんだなーと、今こうして大人になって読み耽ると感慨もひとしお。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%B3%A5%E5%B1%B1%20%E6%98%8E">鳥山明</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4798119733"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51UQRvlX4nL._SX100_.jpg" alt="小さな飲食店 売上を伸ばすメニューブックの作り方 (CD-ROM付)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4798119733" title="小さな飲食店 売上を伸ばすメニューブックの作り方 (CD-ROM付)">小さな飲食店 売上を伸ばすメニューブックの作り方 (CD-ROM付)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31394269" title="小さな飲食店 売上を伸ばすメニューブックの作り方 (CD-ROM付)のダナヲさんの感想">感想</a><br />うー、ん。"安易”じゃないかしら…。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%82%BF%E3%83%AB%E3%82%A4%20%E3%82%BF%E3%82%B1%E3%82%B7%2C%E5%8C%97%E5%8E%9F%20%E5%B0%9A%E5%8F%B2">タルイタケシ,北原尚史</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/489451379X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51TwRVPr6TL._SX100_.jpg" alt="1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/489451379X" title="1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~">1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31474932" title="1分間の日記で夢は必ずかなう!~成功と幸せを引き寄せる!「感性」を刺激する習慣~のダナヲさんの感想">感想</a><br />なるほど、あの人はこれを参考にしてたんだな。日記=自分だけの成功法則。やりたいことがあるので→書いてみると→実現したというサイクルを小さいものから作っていく。言霊を意識して、自分の計り知れないwantを探す。毎朝、夢・目標(長期・短期)、やりたいことを書き、毎夜、今日の出来事、今日の感謝、今日の成功法則を書く。自分は今どこにいるのか・どんな人間なのかを明確にし、どこを目指すのかを具体的にした人生計画書を作成すること、それをどのように実現するのかを計画すること。これを早急になさなければならない。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E4%BB%8A%E6%9D%91%E6%9A%81">今村暁</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4837924964"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51%2B%2B0uTDL6L._SX100_.jpg" alt="本は10冊同時に読め!: 本を読まない人はサルである!" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4837924964" title="本は10冊同時に読め!: 本を読まない人はサルである!">本は10冊同時に読め!: 本を読まない人はサルである!</a><br /> 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%88%90%E6%AF%9B%20%E7%9C%9E">成毛眞</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4864101760"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/4185rSkhUFL._SX100_.jpg" alt="書店員が本当に売りたかった本" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4864101760" title="書店員が本当に売りたかった本">書店員が本当に売りたかった本</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31495157" title="書店員が本当に売りたかった本のダナヲさんの感想">感想</a><br />本屋、それは媒体で、そこにあるPOPは知の洪水で。一章の見開き写真を目にしただけで、あら、なんだか瞼が熱くなる。これですよ、これなんですよ!下手なブックレビューサイトとか本とか、読書指南書なんて、風の前の塵に同じなのですよ!これが、これこそが紙の本の価値であり、実店舗書店の価値であると思うのです。電子書籍がより普及していき、書店が減っていけばいくほど、これらの価値は指数関数的に跳ね上がっていくだろう。まだまだまだ、面白くなりそうで。万歳。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%82%B8%E3%83%A5%E3%83%B3%E3%82%AF%E5%A0%82%E6%9B%B8%E5%BA%97%E6%96%B0%E5%AE%BF%E5%BA%97">ジュンク堂書店新宿店</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4847091531"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41PQqBZFNDL._SX100_.jpg" alt="この間。" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4847091531" title="この間。">この間。</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31545229" title="この間。のダナヲさんの感想">感想</a><br />ひがしのりー♡やっぱり大好きだこの人の"偏見と先入観"。この人は、どんなメンタルのときもくすりと笑わせてくれるのですよね。クドカンさんと同じでバランスとその相性なんかな。これからも自然体で、いろいろ挑戦してほしい。niconicoの生放送番組って、登録?したら見れるの?私もデジタルついていかんばねー…。私にとってはすべてが惹句!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%9D%B1%E9%87%8E%20%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%82%B8">東野コージ</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4344024451"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61exO3ku4KL._SX100_.jpg" alt="人生は名言で豊かになる" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4344024451" title="人生は名言で豊かになる">人生は名言で豊かになる</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31545676" title="人生は名言で豊かになるのダナヲさんの感想">感想</a><br />さらりと、名言しりーず。軽く着こなしては脱ぎ捨てられる名言集。だけどそれをひとつでも自分のものにできればなと望む。これはと思うものもあり。わからないのもあり。ナイス!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%B0%8F%E6%B3%89%20%E5%8D%81%E4%B8%89">小泉十三</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4140884142"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41Vzk-4a7uL._SX100_.jpg" alt="プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書 414)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4140884142" title="プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書 414)">プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書 414)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31560444" title="プロフェッショナル 仕事の流儀 運命を変えた33の言葉 (NHK出版新書 414)のダナヲさんの感想">感想</a><br />さらり、さらりと、名言しりーず。かっこいいです、とても。<br /> 著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=NHK%E3%80%8C%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%8A%E3%83%AB%E3%80%8D%E5%88%B6%E4%BD%9C%E7%8F%AD">NHK「プロフェッショナル」制作班</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4041105153"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41EE2x8KrQL._SX100_.jpg" alt="仕事が9割うまくいく雑談の技術 人見知りでも上手になれる会話のルール (角川oneテーマ21)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4041105153" title="仕事が9割うまくいく雑談の技術 人見知りでも上手になれる会話のルール (角川oneテーマ21)">仕事が9割うまくいく雑談の技術 人見知りでも上手になれる会話のルール (角川oneテーマ21)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31557852" title="仕事が9割うまくいく雑談の技術 人見知りでも上手になれる会話のルール (角川oneテーマ21)のダナヲさんの感想">感想</a><br />読まなきゃ良かった。だめな例が出てて、そんなの話題に上げたことないってキーワードばかりで、逆にそれを下手に意識してしまうほうが怖いし。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E3%83%93%E3%82%B8%E3%83%8D%E3%82%B9%E7%A7%91%E5%AD%A6%E5%A7%94%E5%93%A1%E4%BC%9A">ビジネス科学委員会</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4796696717"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41j8JTkJ3HL._SX100_.jpg" alt="いつやるか? 今でしょ!" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4796696717" title="いつやるか? 今でしょ!">いつやるか? 今でしょ!</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/31560493" title="いつやるか? 今でしょ!のダナヲさんの感想">感想</a><br />予備校ってすごい世界なんだなぁ‥と。この人も時代とのバランスが秀逸でらっしゃるんだろうなぁ。「名前は1つの道具」という言葉もなるほど、と思った。思考が行き詰まったらまず対比!2本の対比軸を設定して、問題をナチュラルに深く考慮していく。何かを主張したいときは相手を説得しやすい対比材料を選ぶこと。人の話は最後まで聞くこと、相槌に感情を込めること、相手の答えを読み取ってさも自分の考えのように言ってあげること。想像力を駆使して成功のイメージ、逆算してやるべきことを、やるべき順番でやる。順番を間違えない。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%9E%97%20%E4%BF%AE">林修</a><br clear="left"><br />
  • Date : 2013-08-31 (Sat)
  • Category :
2081

2013年7月に読んだ本

読んだ本の数:8冊読んだページ数:1789ページタモリ論 (新潮新書)の感想1本のエッセイにまとめてしまってもよかったのでは。そしてあわよくば、いろんな人のタモさん論を集合させて本にしても良かったのでは。あわよくば!タモリさんの書いた本が読みたいけど、お高い!著者:樋口 毅宏2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」の感想2030年の世界を決定づける4つのメガトレンドは、①個人の力の拡大... 読んだ本の数:8冊<br />読んだページ数:1789ページ<br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4106105276"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51iu-a0zosL._SX100_.jpg" alt="タモリ論 (新潮新書)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4106105276" title="タモリ論 (新潮新書)">タモリ論 (新潮新書)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30530415" title="タモリ論 (新潮新書)のダナヲさんの感想">感想</a><br />1本のエッセイにまとめてしまってもよかったのでは。そしてあわよくば、いろんな人のタモさん論を集合させて本にしても良かったのでは。あわよくば!タモリさんの書いた本が読みたいけど、お高い!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E6%A8%8B%E5%8F%A3%20%E6%AF%85%E5%AE%8F">樋口 毅宏</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062183765"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/519pwOXZiaL._SX100_.jpg" alt="2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062183765" title="2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」">2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30723475" title="2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」のダナヲさんの感想">感想</a><br />2030年の世界を決定づける4つのメガトレンドは、①個人の力の拡大、②権力の拡散、③人口構成の変化、④食料・水・エネルギー問題の連鎖。3年、もしくは5年後、日本を飛び出したい。うー、ん。風立ちぬ、いざ生きめやもよ!!!!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062178982"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51XW5gxoKEL._SX100_.jpg" alt="日本をダメにしたB層の研究" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4062178982" title="日本をダメにしたB層の研究">日本をダメにしたB層の研究</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30723644" title="日本をダメにしたB層の研究のダナヲさんの感想">感想</a><br />哲学家さんだったのか!!しかも5つしか違わない!!!哲学家の方と話してみたい。超とかヤバいとかまじか!とか一切言わないんでしょうね、きっと。すばらしい日本語を丁寧に話されるのです、たぶん。あぁ。いいなぁ。ブログに「室伏広治という生き方」という回があったんだけれど、残念。この方、室伏広治の魅力をまったくご理解いただいてないみたい。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%81%A9%E8%8F%9C%20%E5%8F%8E">適菜 収</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406218480X"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51uT0w00mjL._SX100_.jpg" alt="日本を救うC層の研究" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/406218480X" title="日本を救うC層の研究">日本を救うC層の研究</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30723783" title="日本を救うC層の研究のダナヲさんの感想">感想</a><br />これもおもしろかったー。でも、B層かC層かどっちか読めばそれで十分かも。良識智識がほしいなー。でも一長一短では身につかないし、なにぶん、こんな甘っつらで、覚悟もない私が人生の理念だとか身に付けることができるのだろうか。ビジョンだとか、結果だとか、哲学だとか、なにかひとつでも、あれば、と思うのだけれど、生きてるだけでまるもうけYOって思っちゃうから、だめなのですね。難儀。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%81%A9%E8%8F%9C%20%E5%8F%8E">適菜 収</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4120037622"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31Q9CWVSSAL._SX100_.jpg" alt="Ex‐formation RESORT" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4120037622" title="Ex‐formation RESORT">Ex‐formation RESORT</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30724155" title="Ex‐formation RESORTのダナヲさんの感想">感想</a><br />こういうのに真面目に取り組めるそれぞれの時間と余裕がうらやましい。ただ純粋に、そう。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%8E%9F%E7%A0%94%E5%93%89%E3%82%BC%E3%83%9F">原研哉ゼミ</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4120036855"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31XF4Q747BL._SX100_.jpg" alt="Ex‐formation 四万十川" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4120036855" title="Ex‐formation 四万十川">Ex‐formation 四万十川</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30724179" title="Ex‐formation 四万十川のダナヲさんの感想">感想</a><br />うん、やっぱりこういうことに真面目一徹に取り組める時間と余裕がうらやましい。でも、あぁ、人はこういうふうに連想したりするんだな、イメージを広げているんだなっていうことが見て取れて、楽しい。深い認識に達する前に、所詮こんなもんであろ、と少ない情報だけで知っているように感じてしまう、そんな高を括っている日常で、”知らないことを分ける”という作業は、思考や知識を深めるために重要だと、そう思いました!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E5%8E%9F%E7%A0%94%E5%93%89%E3%82%BC%E3%83%9F">原研哉ゼミ</a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4902097591"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/61AYj%2BBissL._SX100_.jpg" alt="Live your Life.人生を最高の物語に変える68の言葉" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4902097591" title="Live your Life.人生を最高の物語に変える68の言葉">Live your Life.人生を最高の物語に変える68の言葉</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30724278" title="Live your Life.人生を最高の物語に変える68の言葉のダナヲさんの感想">感想</a><br />はっとする言葉だらけで。考えて動けなるくらいなら、考える暇もないくらい動こうぜ/見失っているのは、進む道じゃなくて、その道を歩く勇気/目の前の景色がいつまで経っても変わらないのは、自分自身が一歩も歩いていないからだ/どんな人生がいいかって、嬉しくてっも悲しくっても、ただ、驚きの連続であってほしい/自分の人生にもっと体重乗っけろよ!<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q="></a><br clear="left"><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4022615702"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41ZgvHMjYoL._SX100_.jpg" alt="テレビ、このやっかいな同居人 (朝日文庫)" align="left" style="margin:0 5px 5px 0;border:1px solid #dcdcdc;"></a><a href="http://book.akahoshitakuya.com/b/4022615702" title="テレビ、このやっかいな同居人 (朝日文庫)">テレビ、このやっかいな同居人 (朝日文庫)</a>の<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/30748886" title="テレビ、このやっかいな同居人 (朝日文庫)のダナヲさんの感想">感想</a><br />おもしろかった。このやっかいな同居人っていうのが、そのままfacebookだのパソコンだのゲームだの、いろんなものに成り変わっていくんだわ、盛者必衰。どうすればそれらと上手に付き合い、騙されもせず、馬鹿にもならず、知的に、タフな心で生きられるんだろうか。この感性の空洞はどこまで続くのかな。<br />著者:<a href="http://book.akahoshitakuya.com/s?q=%E9%98%BF%E4%B9%85%20%E6%82%A0">阿久 悠</a><br clear="left"><br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/">読書メーター</a><br />
  • Date : 2013-07-31 (Wed)
  • Category :
1607

2012年7月に読んだ本

もっと耕せる本を深く読まなくちゃね。。読んだ本の数:5冊読んだページ数:1189ページ■ぼくの地球を守って 全12巻完結(文庫版)(白泉社文庫) [マーケットプレイス コミックセット]夜中に借りてきてそれから一気読み。大人になって読むと、胸抉られる感がすごい。理解が違う、面白さが違う。あの、妹と見惚れた綺麗なビデオはなんだったんだろう、mvの詰め合わせだったような。サントラも持ってたな、時の記憶とか、金色の時流れて... もっと耕せる本を深く読まなくちゃね。。<br /><br />読んだ本の数:5冊<br />読んだページ数:1189ページ<br /><br /><br />■<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20529632" target="_blank" title="ぼくの地球を守って 全12巻完結(文庫版)">ぼくの地球を守って 全12巻完結(文庫版)</a>(白泉社文庫) [マーケットプレイス コミックセット]<br />夜中に借りてきてそれから一気読み。大人になって読むと、胸抉られる感がすごい。理解が違う、面白さが違う。あの、妹と見惚れた綺麗なビデオはなんだったんだろう、mvの詰め合わせだったような。サントラも持ってたな、時の記憶とか、金色の時流れてとか、三日月の寝台とか、やだわたし、思い出せすぎ。それだけ印象深くて入り込んでたんだろうな。また木蓮の舞を見たいな、菅野よう子さん音楽に載せて。アリアみたいで素敵だった。<br />読了日:07月14日 著者:日渡 早紀<br /><br /><br />■<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20468139" target="_blank" title="超常現象をなぜ信じるのか―思い込みを生む「体験」のあやうさ">超常現象をなぜ信じるのか―思い込みを生む「体験」のあやうさ</a> (ブルーバックス)<br />人から勧められなかったら手に取らない本の類だな。幸!おもしろかった。その学説の詳細はすべて他人任せな感じの文脈もシュールで気に入った、笑。私なんて限られたスキーマのなかてバイアスかかりまくり、ヒューリスティックスな(アルゴリズムの反対)省エネ認知ばかりで立証なぞまったくやらん。でも毎日楽しいよ。<br />読了日:07月11日 著者:菊池 聡<br /><br /><br />■<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20432665" target="_blank" title="儲かるようにすべてを変える―社長の経営革新">儲かるようにすべてを変える―社長の経営革新</a><br />めちゃくちゃグッとくる。刺さる。噂はかねがねだったけど、中小企業で働く人、良い経営者の考えを知りたい人にとって良書。たたむ、削る、変える。真理は中間にあり、バランス感覚が大事であること。たくさんの実例がとてもわかりやすかった。実例の中になんだか人間のドラマが見え隠れして、そういう意味でもおもしろかった。<br />読了日:07月08日 著者:井上 和弘<br /><br /><br />■<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20473391" target="_blank" title="誰でも美しくなれる10の法則 全米No.1ファッションアドバイザーが教える">誰でも美しくなれる10の法則 全米No.1ファッションアドバイザーが教える</a><br />さすがTim Gunn!! うー、ん。私の美意識もティムの一割でもあればなあ。その辺のおしゃれハウツー本より重圧で説得力も抜群。クオリティ、テイスト(雰囲気)、スタイル(美しい型)をモットーに!私の洋服や靴、アクセサリーもmake it workしなくっちゃー!何度も読み直して少しづつでもTimに近づいていきたい一冊♡<br />読了日:07月07日 著者:ティム・ガン,ケイト・モロニー<br /><br /><br />■<a href="http://book.akahoshitakuya.com/cmt/20432784" target="_blank" title="日本一のチラシはこうつくれ!―売って儲けるための実践的チラシ活用法">日本一のチラシはこうつくれ!―売って儲けるための実践的チラシ活用法</a><br />クライアントのチラシづくりに迷っているときに読んだ一冊。なるほどチラシを作る心構えやそもそも何かのツールを作るときの心構えやヒントはたくさん。でもクライアントが中小というわけでもなく、資本力がないわけでもない大企業。求めてる本のベクトルとがっちり!!というわけにはいかなかった。やっぱり自分で答え見つけねばならんのね。でも中小企業で販促、集客に悩んでる方には指南の書だと思う。そのへんの自称コンサル本や小手先デザイン指南なんて話にならないのではないかな。<br />読了日:07月07日 著者:佐藤 勝人<br /><br /><br /><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/u/137441/matome" target="_blank" title="2012年7月の読書メーターまとめ詳細">2012年7月の読書メーターまとめ詳細</a><br /><a href="http://book.akahoshitakuya.com/" target="_blank" title="読書メーター">読書メーター</a><br /><br />
  • Date : 2012-07-31 (Tue)
  • Category :
1616

2012年6月に読んだ本

読んだ本の数:11冊読んだページ数:2699ページ-----------------------------------------------------------------夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです村上 春樹暗闇の中に身を置いて深い井戸まで潜ってそこで特別な入り口を見つけて中に入って行ってまた戻ってくる、そのために体力をつける。自分の身を削ってものを書くことを最低限のモラルとしてる真摯でストイックな姿勢にすごいなあ、とただただ、すごいなあ、と思った。... 読んだ本の数:11冊<br />読んだページ数:2699ページ<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4163731008/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51a-hTNwu7L._SL75_.jpg" alt="夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4163731008/fc2blog06-22" target="_blank">夢を見るために毎朝僕は目覚めるのです</a><br />村上 春樹<br /><br /></table><br />暗闇の中に身を置いて深い井戸まで潜ってそこで特別な入り口を見つけて中に入って行ってまた戻ってくる、そのために体力をつける。自分の身を削ってものを書くことを最低限のモラルとしてる真摯でストイックな姿勢にすごいなあ、とただただ、すごいなあ、と思った。ドフトエフスキーが60でカラマーゾフを上梓したように、ものすごい骨太の総合小説を、圧倒的に振り回されてしまうようなそれを書いてほしいな、と思いました。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4905349079/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41HR8QAymwL._SL75_.jpg" alt="EARTHLING 地球人(アースリング)として生きるためのガイドブック" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4905349079/fc2blog06-22" target="_blank">EARTHLING 地球人(アースリング)として生きるためのガイドブック</a><br />Think the Earth、飯田哲也 他<br /><br /></table><br />壮大な知を気負わずに感覚的に知れる議事録&コンピレーションアルバム的で良かった。実際、こういう機会でもなければ知らなかったような人も多くて、その方達のプレゼン内容がとても示唆に富んでいて。まったく違う業界の方がまったく違う文化からの引用で、同じ言葉があった。やっぱり人類は地球の根っこはひとつで紐で繋がってるんだとおもった。あとやっぱり内沼さん(E)♡。大地を耕すような、読書。がんばって穿くりかえしていかないと!それから、やっぱりあのリオ会議での少女の伝説となったスピーチ。文字になってても感動する。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838717881/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41abuYYUm0L._SL75_.jpg" alt="豚キムチにジンクスはあるのか―絲的炊事記" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4838717881/fc2blog06-22" target="_blank">豚キムチにジンクスはあるのか―絲的炊事記</a><br />絲山 秋子<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4838717881/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"></td></tr></table><br />一気読み。人間っていろんな面があって、ほんと、おもしろいなー!とろける、旨い、いやあん、おいしいー!と、どれもこれもおいしそうで。とにとかくにも、トラバターしたいけどね。食べ杉です、私もまた。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4891764953/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/31T1BBJMT2L._SL75_.jpg" alt="さまざまな空間" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4891764953/fc2blog06-22" target="_blank">さまざまな空間</a><br />ジョルジュ ペレック<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4891764953/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"></td></tr></table><br />イッツ•シュールレアリスム!言葉の工学者、ユダヤ人ってやっぱり頭いい。空間と戯れるのもいいかも。聞いたこともない固有名詞ばかりだのに、なんだかほんわかとする、でも真は芯はズレてません!というような、なんとなく幸せな気分になる本。ゼロ座標というものに惹かれるのも、日常の空間が明白極まりなくてごくありふれた冴えないものと思い込んでいるからなのかも。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062159333/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41rAL%2BxWgXL._SL75_.jpg" alt="烏有此譚" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4062159333/fc2blog06-22" target="_blank">烏有此譚</a><br />円城 塔<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062159333/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"></table><br />THE★理系の純文学、笑。めっちゃおもしろかったー。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844371118/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41Y6YscjNXL._SL75_.jpg" alt="誰からも「気がきく」と言われる45の習慣" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4844371118/fc2blog06-22" target="_blank">誰からも「気がきく」と言われる45の習慣</a><br />能町光香<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4844371118/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"></td></tr></table><br />自分がいかに気を利かせてないかをまざまざと見せつけられた。その辺のへたな“女子力アップ!(・ω<) ゆるふわ本”よりもこっちのが良いんじゃなかろうか、とおもいますた。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860635213/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51-GTTVmUvL._SL75_.jpg" alt="部下の力を引き出す 10人までの人使い" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4860635213/fc2blog06-22" target="_blank">部下の力を引き出す 10人までの人使い</a><br />堀之内 克彦<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4860635213/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"</td></tr></table><br />会社全体の仕事のフレームワークを作りたくってヒントを求めて読んでみたけど、求めてる本じゃなかった。リーダーならかくあるべき、こう考えるべき、リーダーの役割、部下の人間性の分析の方法、その個人の強みを活かす方法、仕事を任せるときの流れ、、など具体的な示唆や方法論には富んでいるので、そういったヒントを求めている人には良いのやも。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="left"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492043721/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51PWszV2v3L._SL75_.jpg" alt="テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4492043721/fc2blog06-22" target="_blank">テンプレート仕事術 ―日常業務の75%を自動化する</a><br />信太 明<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4492043721/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"></td></tr></table><br />いろんな各人の業務をテンプレート化して共有したいけど具体的にどうしたらいいんだ、、と悩んでいた時に読んだ本。「俺はこうしてる(キリッ」て感じは好きにはなれなかったけれど、テンプレートを作るための流れ、方法論、テンプレート例などどれもわかりやすくって、活用・応用できるものが多かったという印象。この本を活用すること、上からの指示対応、下への指示も明確化されていいと思います。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022506741/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/41th2HufTSL._SL75_.jpg" alt="シゴトの渋滞、解消します! 結果がついてくる絶対法則" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4022506741/fc2blog06-22" target="_blank">シゴトの渋滞、解消します! 結果がついてくる絶対法則</a><br />西成 活裕<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4022506741/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"></td></tr></table><br />確かに、確かに、これが実践できればすばらしいと頷く提言や、おもしろい提言・見解ばかりではあったのだけれど、うー、ん。今求めていたのはこれではなかった、という印象。個人=仕事は限界の7割の力で、新しいことにチャレンジすること、予定と予定の間には30分の隙間を作ること、1日の就業時間を分割して時間割を作ること、週間・月間の予定を立てて簡単な仕事からはじめて目標を達成し続けること。会社=組織の理想は0.9+0,9+0.9=5だと念頭に置くこと、点の改善でなく大きい視点からの面の改善。…実現できるようになれたら、<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756913490/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51tafFh587L._SL75_.jpg" alt="仕事の効率が3倍UP!整理・整頓4S仕事術 (アスカビジネス)" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4756913490/fc2blog06-22" target="_blank">仕事の効率が3倍UP!整理・整頓4S仕事術 (アスカビジネス)</a<br />石谷 慎悟<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756913490/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"></td></tr></table><br />仕事場における整理整頓の仕方がわかりやすかったし、なにより「仕事」自体の整理・整頓・清掃・清潔をしようという章が良かった。ルーティンでない仕事たちをどう「見える化」して「改善」して業務が滞らないよう「継続」していくのか、参考になる部分はありました。<br /><br />-----------------------------------------------------------------<br /><br /><br /><table style="width:75%;border:0;" border="0"><tr><td style="border:none;" valign="top" align="center"><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756912494/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"><img src="http://ecx.images-amazon.com/images/I/51VXyk1BEeL._SL75_.jpg" alt="残業ゼロ! 仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術 (アスカビジネス)" border="0"></a></td><td style="padding:0 0.4em;border:0;" valign="top"><a href="http://blog.fc2.com/goods/4756912494/fc2blog06-22" target="_blank">残業ゼロ! 仕事が3倍速くなるダンドリ仕事術 (アスカビジネス)</a><br />吉山 勇樹<br /><br /><a href="http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4756912494/fc2blog06-22/ref=nosim/" target="_blank"></td></tr></table><br />わかりやすくはあったけれど、実際に自分の業務に活かせるかという点ではあまり。はてな。
  • Date : 2012-07-01 (Sun)
  • Category :
    Return to Pagetop