FC2ブログ
プロフィール

ダナヲ

Author:ダナヲ
ダナヲのブログです。
@naoko_hnd
福岡在住、熊本産。
寝るとき枕は使いません。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
まとめなど。


食べログ グルメブログランキング

当ブログで使用している画像・動画・歌詞等は個人で楽しむものであり全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。 権利を侵害するものではありません。
2466

2019年4月に読んだ本

4月の読書メーター読んだ本の数:8冊読んだページ数:2023ページわたしの娘を100ウォンで売りますの感想モーニング食べながら読むもんじゃなかったよ。戦争でもない平時に、日本列島の沖縄から那覇まで、屍が一列に並ぶほどの人間が死んだ。その上をジェット機で飛んでも6時間以上かかる。この歴史的惨禍はなぜ起きたのか、巻末の解説が分かりやすかった。「とうもろこしの何粒かでもあれば 食事にしようと言う」「ご飯 その言葉さ... <a href="https://bookmeter.com/users/137441/summary/monthly">4月の読書メーター</a><br>読んだ本の数:8冊<br>読んだページ数:2023ページ<br><br><br><a href="https://bookmeter.com/books/73304"><img alt="わたしの娘を100ウォンで売ります" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31%2BwueYz2AL._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/73304?title=%E3%82%8F%E3%81%9F%E3%81%97%E3%81%AE%E5%A8%98%E3%82%92100%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%83%B3%E3%81%A7%E5%A3%B2%E3%82%8A%E3%81%BE%E3%81%99">わたしの娘を100ウォンで売ります</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/80340783">感想</a><br>モーニング食べながら読むもんじゃなかったよ。戦争でもない平時に、日本列島の沖縄から那覇まで、屍が一列に並ぶほどの人間が死んだ。その上をジェット機で飛んでも6時間以上かかる。この歴史的惨禍はなぜ起きたのか、巻末の解説が分かりやすかった。「とうもろこしの何粒かでもあれば 食事にしようと言う」「ご飯 その言葉さえなかったら 食べたと言うこともなくなるだろうに」<br>読了日:04月22日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E5%BC%B5+%E7%9C%9F%E6%99%9F">張 真晟</a><div><br></div><div><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/532676"><img alt="名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31yp55xOQiL._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/532676?title=%E5%90%8D%E7%94%BB%E3%81%A7%E8%AA%AD%E3%81%BF%E8%A7%A3%E3%81%8F+%E3%83%8F%E3%83%97%E3%82%B9%E3%83%96%E3%83%AB%E3%82%AF%E5%AE%B612%E3%81%AE%E7%89%A9%E8%AA%9E+%28%E5%85%89%E6%96%87%E7%A4%BE%E6%96%B0%E6%9B%B8+366%29">名画で読み解く ハプスブルク家12の物語 (光文社新書 366)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/80318345">感想</a><br>ハプスブルク家が今度のヨーロッパ旅行のテーマ。ということで読んでみた1冊。ブルボン、ロマノフ、イギリス王家の同シリーズと比べて際立って多い感想数にびっくり。それだけハプスブルク家が人気ってことだね。むべなるかなな一族だけど。でもいつか私はボルジアを追いたい!欲望と権力と血にまみれた…といえばボルジア。面白い本ないかなあー。<br>読了日:04月21日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E4%B8%AD%E9%87%8E+%E4%BA%AC%E5%AD%90">中野 京子</a></div><div><br></div><div><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/13350513"><img alt="塩を食う女たち――聞書・北米の黒人女性 (岩波現代文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/31%2BpyyxNm8L._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/13350513?title=%E5%A1%A9%E3%82%92%E9%A3%9F%E3%81%86%E5%A5%B3%E3%81%9F%E3%81%A1%E2%80%95%E2%80%95%E8%81%9E%E6%9B%B8%E3%83%BB%E5%8C%97%E7%B1%B3%E3%81%AE%E9%BB%92%E4%BA%BA%E5%A5%B3%E6%80%A7+%28%E5%B2%A9%E6%B3%A2%E7%8F%BE%E4%BB%A3%E6%96%87%E5%BA%AB%29">塩を食う女たち――聞書・北米の黒人女性 (岩波現代文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/80318216">感想</a><br>映画「グリーンブック」は1962年の北アメリカが舞台。黒人の人達の歴史的体験、アフリカからの離散、奴隷、虐待、蔑視、貧困。この狂気を乗り越えることを可能にしたものが知りたくて手に取ってみたけど、大正解。それこそ『これまで誰も見たことのない知を生み出すための知』が、そこにはあるのではないかな。<br>読了日:04月21日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E8%97%A4%E6%9C%AC+%E5%92%8C%E5%AD%90">藤本 和子</a></div><div><br></div><div><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/9795523"><img alt="私の「戦後70年談話」" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51AiD3vJtwL._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/9795523?title=%E7%A7%81%E3%81%AE%E3%80%8C%E6%88%A6%E5%BE%8C70%E5%B9%B4%E8%AB%87%E8%A9%B1%E3%80%8D">私の「戦後70年談話」</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/80140797">感想</a><br>左旋回っぷりが凄い。けれどこの談話を紡いだ全員が戦争を体験された方々、その言葉であることはとてつもなく重い。野中広務さんもすでにいないのだなあ。令和には、戦争体験者の声を一言でも、どんな一言でもいいからできるだけ多く届けるべきだと思う。心から思う。新崎盛暉、宝田明、中川李枝子、ちばてつや、海部俊樹、山中恒、山田太一、日野原重明、梅原猛(岐阜)、奈良岡朋子、入江明</div><div>読了日:04月13日 著者:</div><div><br></div><div><a href="https://bookmeter.com/search?keyword="></a><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/13452610"><img alt="箱の中の天皇" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41nMnohyILL._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/13452610?title=%E7%AE%B1%E3%81%AE%E4%B8%AD%E3%81%AE%E5%A4%A9%E7%9A%87">箱の中の天皇</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/80097708">感想</a><br>がーん!感想書き込んだつもりが消えてた!忘れつちまったよ。。→79ページ以降の怒涛の展開が見事。道子さんに、石牟礼道子さんが思い出されて切ない😢。まあそのイデオロギーは別として、元号の発表を控えた今、象徴天皇と象徴天皇とともにどう在るべきなのか、考えるきっかけになった。<br>読了日:04月11日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E8%B5%A4%E5%9D%82+%E7%9C%9F%E7%90%86">赤坂 真理</a></div><div><br></div><div><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/8136662"><img alt="東京プリズン (河出文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51bUvqSoTCL._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/8136662?title=%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%BA%E3%83%B3+%28%E6%B2%B3%E5%87%BA%E6%96%87%E5%BA%AB%29">東京プリズン (河出文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/80097509">感想</a><br>最後のディベート部分は圧巻。だけれども、『箱の中の天皇』のが私はおもしろかった。<br>読了日:04月11日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E8%B5%A4%E5%9D%82+%E7%9C%9F%E7%90%86">赤坂 真理</a></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/549258"><img alt="あした選挙へ行くまえに (14歳の世渡り術)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41sfwbnQ1oL._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/549258?title=%E3%81%82%E3%81%97%E3%81%9F%E9%81%B8%E6%8C%99%E3%81%B8%E8%A1%8C%E3%81%8F%E3%81%BE%E3%81%88%E3%81%AB+%2814%E6%AD%B3%E3%81%AE%E4%B8%96%E6%B8%A1%E3%82%8A%E8%A1%93%29">あした選挙へ行くまえに (14歳の世渡り術)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/80086758">感想</a><br>政治がなんのためにあり、どう関わるべきなのか。義務教育で教えるべき。主権者教育、どうなってくのかな。<br>読了日:04月11日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E6%B1%A0%E4%B8%8A+%E5%BD%B0">池上 彰</a></div><div><br></div><div><br></div><div><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/8353705"><img alt="決めごとのきまりゴト 1人1票からはじめる民主主義" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/413OtrMBQtL._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/8353705?title=%E6%B1%BA%E3%82%81%E3%81%94%E3%81%A8%E3%81%AE%E3%81%8D%E3%81%BE%E3%82%8A%E3%82%B4%E3%83%88+1%E4%BA%BA1%E7%A5%A8%E3%81%8B%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%98%E3%82%81%E3%82%8B%E6%B0%91%E4%B8%BB%E4%B8%BB%E7%BE%A9">決めごとのきまりゴト 1人1票からはじめる民主主義</a><br>読了日:04月11日 著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E6%B5%85%E5%88%A9+%E5%9C%AD%E4%B8%80%E9%83%8E">浅利 圭一郎</a><br clear="left"><br></div>
  • Date : 2019-04-30 (Tue)
  • Category :
    Return to Pagetop