FC2ブログ
プロフィール

ダナヲ

Author:ダナヲ
ダナヲのブログです。
@naoko_hnd
福岡在住、熊本産。
寝るとき枕は使いません。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
まとめなど。


食べログ グルメブログランキング

当ブログで使用している画像・動画・歌詞等は個人で楽しむものであり全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。 権利を侵害するものではありません。
2470

2019年6月に読んだ本

6月の読書メーター読んだ本の数:5読んだページ数:1419FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣著者:ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランドインバスケット思考に学ぶ 「バカ」にはできない根回し術の感想言いたいことはわかるけど読みにくい。いちいち相談→講評の流れの寸劇みたいのなんでなんだろ、ところどころで「ん?」てなるとこもあるし... <a href="https://bookmeter.com/users/137441/summary/monthly">6月の読書メーター</a><br>読んだ本の数:5<br>読んだページ数:1419<div><br><div><a href="https://bookmeter.com/books/13271910"><img alt="FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51o95aW415L._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/13271910?title=FACTFULNESS%28%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%AF%E3%83%88%E3%83%95%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%82%B9%29%E3%80%8010%E3%81%AE%E6%80%9D%E3%81%84%E8%BE%BC%E3%81%BF%E3%82%92%E4%B9%97%E3%82%8A%E8%B6%8A%E3%81%88%E3%80%81%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%92%E5%9F%BA%E3%81%AB%E4%B8%96%E7%95%8C%E3%82%92%E6%AD%A3%E3%81%97%E3%81%8F%E8%A6%8B%E3%82%8B%E7%BF%92%E6%85%A3">FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣</a><br>著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%2C%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%A9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%2C%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%8A%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%82%B9%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%B3%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%89">ハンス・ロスリング,オーラ・ロスリング,アンナ・ロスリング・ロンランド</a></div><div><br></div><div><br></div><div><br></div><div><a href="https://bookmeter.com/books/13390633"><img alt="インバスケット思考に学ぶ 「バカ」にはできない根回し術" align="left" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/41gzJ4lSIYL._SL120_.jpg" style="margin-right: 5px; margin-bottom: 5px; border-width: 1px; border-color: rgb(220, 220, 220); border-image: initial;"></a><a href="https://bookmeter.com/books/13390633?title=%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%90%E3%82%B9%E3%82%B1%E3%83%83%E3%83%88%E6%80%9D%E8%80%83%E3%81%AB%E5%AD%A6%E3%81%B6%E3%80%80%E3%80%8C%E3%83%90%E3%82%AB%E3%80%8D%E3%81%AB%E3%81%AF%E3%81%A7%E3%81%8D%E3%81%AA%E3%81%84%E6%A0%B9%E5%9B%9E%E3%81%97%E8%A1%93">インバスケット思考に学ぶ 「バカ」にはできない根回し術</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/81847159">感想</a><br>言いたいことはわかるけど読みにくい。いちいち相談→講評の流れの寸劇みたいのなんでなんだろ、ところどころで「ん?」てなるとこもあるし。でもこの方の本は全部そんな書き方ってレビューに書いてあった。わかりやすさって人によってだいぶ違うんだね。&nbsp;<br>著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E9%B3%A5%E5%8E%9F%E9%9A%86%E5%BF%97">鳥原隆志</a></div><div><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/12743917"><img alt="闇に魅入られた科学者たち―人体実験は何を生んだのか" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/61VvUcVLc3L._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/12743917?title=%E9%97%87%E3%81%AB%E9%AD%85%E5%85%A5%E3%82%89%E3%82%8C%E3%81%9F%E7%A7%91%E5%AD%A6%E8%80%85%E3%81%9F%E3%81%A1%E2%80%95%E4%BA%BA%E4%BD%93%E5%AE%9F%E9%A8%93%E3%81%AF%E4%BD%95%E3%82%92%E7%94%9F%E3%82%93%E3%81%A0%E3%81%AE%E3%81%8B">闇に魅入られた科学者たち―人体実験は何を生んだのか</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/81487628">感想</a><br>とむー。富むー。示唆に富むわー。。しかもナイスタイミングなことに、今再放送もやってるのだね。今日なんてロボトミー。映像はやはりすごい迫力。でも闇が音を立てて近づいてくるような、どんどんどんどん飲み込まれていくようなスリルは本ならでは。自由意志に基づく選択をどこまで許容するのか。考え続けることがただ唯一できる正なんだろうな。真実は1つなのに使い方は究極を言えば善悪の2つ。そんな殺生なって感じだね。<br>著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=NHK%E3%80%8C%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%B1%E3%83%B3%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%81%AE%E8%AA%98%E6%83%91%E3%80%8D%E5%88%B6%E4%BD%9C%E7%8F%AD">NHK「フランケンシュタインの誘惑」制作班</a></div><div><br></div><div><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/13367368"><img alt="リベンジ 巨大外資銀行 (講談社文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51rWy-Jy4oL._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/13367368?title=%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%B3%E3%82%B8+%E5%B7%A8%E5%A4%A7%E5%A4%96%E8%B3%87%E9%8A%80%E8%A1%8C+%28%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E6%96%87%E5%BA%AB%29">リベンジ 巨大外資銀行 (講談社文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/81410425">感想</a><br>展開の早さと巧みな物語の魅せ方で、一気に読了。まあ胸のすく思いではあるけども、それより気になったのはなんで男の人が描く魅力的な男ってゴルゴとかジェームズ・ボンドとか島耕作とか藤枝梅安とか(ゴルゴかこれも笑)みたいに、女を侍らかすんだようねーてとこ。ナイスボディな女との不倫願望が誰にでもあるからなんだろうね。と思うに至りました。これドラマとかになってないのかなあ。映像化にぴったりだと思うのだけど。<br>著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E9%AB%98%E6%9D%89+%E8%89%AF">高杉 良</a></div><div><br></div><div><br clear="left"><a href="https://bookmeter.com/books/561094"><img alt="愛がなんだ (角川文庫)" align="left" style="margin: 0 5px 5px 0; border: 1px solid #dcdcdc;" src="https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/51RYPNW10SL._SL120_.jpg"></a><a href="https://bookmeter.com/books/561094?title=%E6%84%9B%E3%81%8C%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A0+%28%E8%A7%92%E5%B7%9D%E6%96%87%E5%BA%AB%29">愛がなんだ (角川文庫)</a>の<a href="https://bookmeter.com/reviews/81382611">感想</a><br>映画を見るにあたって、読んでなかった原作を手に。してみたところ!まあ!さすが角田さん!!みんなが恋愛に不器用で、みんながもがいている。複雑に絡み合う感情と、それぞれの決断を描くまでがもう…。素晴らしかったのでした。個人的には映画はさらに素晴らしくて(これだから映画はやめられない)、各々の決断からの結末、そしてそこからの余韻が見事なの。自分の恋愛観を剥き出しにされる。だから何度も見たくなる。でも見る度にひとり恋愛反省会だな、これは。愛ってなんだ?なんだってんだ?!<br>著者:<a href="https://bookmeter.com/search?keyword=%E8%A7%92%E7%94%B0+%E5%85%89%E4%BB%A3">角田 光代</a><br></div></div>
  • Date : 2019-06-30 (Sun)
  • Category :
    Return to Pagetop