プロフィール

ダナヲ

Author:ダナヲ
ダナヲのブログです。
@naoko_hnd
福岡在住、熊本産。
寝るとき枕は使いません。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
まとめなど。


食べログ グルメブログランキング

当ブログで使用している画像・動画・歌詞等は個人で楽しむものであり全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。 権利を侵害するものではありません。
1772

2012年9月に読んだ本

うあーん。2桁にも届いていない。

2012年9月の読書メーター
読んだ本の数:8冊
読んだページ数:2053ページ


ときめきトゥナイト 文庫 全16巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)ときめきトゥナイト 文庫 全16巻 完結セット (集英社文庫―コミック版)感想
こちらも借りて読破!あと1巻残ってるけど楽しみで仕方ない。鈴世&なるみ世代だったんだけど、蘭世かわいいね♡やっぱり黒髪ロングだなあ。俊くんかっこいい!アロンもカルロも良いね、でも1番好きなのは蘭世のパパ望里の若かりし頃かな。なんせドラキュラですし。失恋してその場で失神するなんてどんだけか。そして私はいつからそんな純粋さをなくしつちまったのかしら、ほろり。蘭世も俊くんも天然記念物だね。
著者:池野 恋


千日の瑠璃〈下〉 (文春文庫)千日の瑠璃〈下〉 (文春文庫)感想
ようやく読了、千人称による千ページの物語。ふう。カバーめくってすぐの作者の言葉に、純粋に拍手喝采を送りたいです、パチパチパチ。こんなもの書き出して終わらせるなんて正気の沙汰じゃないやい。化物領域。でもまたいつか読みたいとおもった。難解哲学ではないんだけど緊密見事。大きな経済に流されつつある小さな町で、いろんな個性を持つ人が住み関わり合い生きていて、それらを横切るように世一が踊る様と、オオルリが包むように飛んでる様がなんだかニヒルでアイロニックで、ときどきすごく可愛くって、とてもいい。
著者:丸山 健二


Boy’s Surface (ハヤカワ文庫JA)Boy’s Surface (ハヤカワ文庫JA)感想
いい!いい!!円城ワールド、好きだな-。恋愛小説って感情の濁流の乱れうちだったりするものですが、この透明感、この形而上的クールさはなんなのか。数理の奔流かしら。ノルウェイの森の映画監督が、きれいな色合いと共に映画化してくれたりしないかな。さぞや不思議で素敵な世界観になるだろうな。よくわかんないけど、好きなのですよね―。
著者:円城 塔


寺山修司青春作品集〈1〉赤糸で縫いとじられた物語 (1983年)寺山修司青春作品集〈1〉赤糸で縫いとじられた物語 (1983年)感想
同じ鳥でも飛ばないとりはなあんだ?それはひとり という鳥だ。ーという出だしに挫かれること数回。ようやく読みはじめて、なんか怖いという読了感。複雑な問いかけ、謎かけと透明な悲哀と喪失感は何だ。寺山修司先生はぐぐっと掴むからなんかヤ。
著者:寺山 修司


毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記毒婦。 木嶋佳苗100日裁判傍聴記感想
援交世代の思想が生んだ気味の悪い(すみません、理解し難い、かな)怪物、木嶋佳苗。ブスと嘲る男たちを、周りを、世間を嘲笑うかのように翻弄したんだね。このドライさと合理性に純情が勝てるわけはないのだ。ちぐはぐ。これは覗きたくない洞穴だなあ。こやつ、すげーね!!!!!怖い!!
著者:北原 みのり


ザ・シークレットザ・シークレット感想
なんだか読む気が起こらず、今読んだ。これも法則に則った結果なのかしら。思考は現実化することを自分に言い聞かせ、意識や心に浸透させる。場面を想像し、それらの姿形までしっかりとイメージし続ければ、その周波数を持つ波動を常に宇宙全体に放射していることになる。何か変えたいのであれば、チャンネルを変えて周波数を変えるだけ。欲しくないものに意識を向けない。こんなに債務を抱えてどうしようなんて思っちゃ駄目、もっと引き寄せてしまう。引き寄せの法則は思いを集中させているものを単純に返してくる。思考の偉大な想像力、なるほど!
著者:ロンダ・バーン


夢をかなえるゾウ夢をかなえるゾウ感想
主人公と同じくらいの年齢のときに読んで、同じように行動すれば何かが違ったかもと思える本。この年になって読んでも、面白いがゆえに、一気に読んでも一気に忘れつちまうね。といった印象。いやしかし、どんな偉人の言葉も立って動け!の後にあるという真っ向からの指摘にずきり。満たされてない人は人を幸せにできない。満たされている人=生き方に満足している人、たとえ他人から見れば平凡でもというのにも納得。やりたいことがわからないのは何もやってないからやりたいことを見つけるための方法は体感することできない理由を探すな!ちーん。
著者:水野 敬也


小さな会社のブランド戦略小さな会社のブランド戦略感想
ブランド=あなたのビジネスに関わるすべての人がファンになるような、研ぎ澄まされた経営をしているか。ミッション(使命感)の有無=引力の有無。チームコントロールでなくビルディング。個人、スタッフのブランド化の作り方、ポイントは特に面白かった。クレドよく意味わかんない。事業に矛盾がないように。60秒以内で伝えられなければその会社や商品は広がらない。ビジネス=コミュニケーション。伝えるを上手にこなすためにはデザインの力を借りた方がいい。こういう客にのみきてほしいとメッセージを発して、余計な仕事は増やさないようにす
著者:村尾 隆介

読書メーター
関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
QLOOKアクセス解析