プロフィール

ダナヲ

Author:ダナヲ
ダナヲのブログです。
@naoko_hnd
福岡在住、熊本産。
寝るとき枕は使いません。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
まとめなど。


食べログ グルメブログランキング

当ブログで使用している画像・動画・歌詞等は個人で楽しむものであり全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。 権利を侵害するものではありません。
1866

2012年10月に読んだ本

読んだ本の数:16冊
読んだページ数:4233ページ


ほしのボディ。HYPER! (FYTTEハッピーボディBOOK)ほしのボディ。HYPER! (FYTTEハッピーボディBOOK)感想
はぁ。こうして知識だけは無駄に増えてくなぁ…。実践せねばすべて無駄無駄無駄無駄無駄無駄ーなのに…。しかしこのお方も樫木さん、やっぱり樫木さんはすごいのだね。ちょっとずつでもやらなくちゃ、でもまずは人生をときめかせるためにも片付けからやらなくっちゃね…。無駄無駄無駄無駄ー!て思うのは読まないようにしなくちゃね…。
著者:ほしのあき


往復書簡往復書簡感想
映画を見る予定があるので購入。真実も嘘も書き手次第、往復には一定の時間の間がある手紙ということで、この作家さん特有のミルフィーユ感がますます味わい深いものに。でもさらりと読めたね。映画の原作というよりも、元からあった映画の企画に設定を取り入れた程度のようなので、映画は映画で楽しみ。世の中には手遅れにならないうちに気付かないといけないことがたくさんあるし、免罪符はいつか捨てなければならない。ほんと、そうだね。手紙、いいなあ。今年は年賀状を書こうと思った。気付きたいことはたくさんあるし。
著者:湊 かなえ


告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)告白 (双葉文庫) (双葉文庫 み 21-1)感想
全員がすごい勢いで告白してってて、みんな一人称の告白なので、ほんとうのほんとうは謎な部分もあって、それが余計にリアル。一気呵成読み。最後は見事!どかーん!
著者:湊 かなえ



エバーノートとグーグルを使えばすべてのノート・メモ・書類が一元化できる! クラウド情報整理術エバーノートとグーグルを使えばすべてのノート・メモ・書類が一元化できる! クラウド情報整理術感想
エバーノート、、使えるようにはなりたいけどねぇ。。参考になる部分はきちんと実践しながら読み進めたい。でも、こんなに必死に情報をかき集める必要がある人、かき集めたい人って世の中にどのくらいいるんだろうか。私はどんどん切り捨てていきたいけどなあ。そもそも"情報”なんて必要なのかしら。腹の足しにも衣服の切れ端にもならんのに。謎。世の中わかんないなー。
著者:村上 崇


大奥 8 (ジェッツコミックス)大奥 8 (ジェッツコミックス)感想
一睡の夢を見せていただきました。恐ろしいな久通。。。このマンガはすべて終了して一気に伏線回収しながらゆっくり読みたいなあ、といつも思いながら新刊が出たら買ってしまうのだよね。
著者:よしながふみ


筑豊一代「炭坑王」伊藤傳右衛門筑豊一代「炭坑王」伊藤傳右衛門感想
今の日本たばこ産業ビルのところやそこからほど近い天神に炭鉱王たちのお屋敷があったんだね。筑豊の御三家(貝島太助、麻生太吉、安川敬一郎)など初めて知って。地元の本は読まなくっちゃあ、ダメだね!伝右衛門の人生も文体もドラマチックで、楽しく読めた。
著者:宮田 昭


シンプルに書く!  伝わる文章術シンプルに書く! 伝わる文章術感想
校正を繰り返してゲシュタルト崩壊的になってしまった時とか、マニュアルを作成する時に使えるな、と思います。ああ!そう、そう、そうだよね!と感覚を思い出させてくれる。
著者:阿部紘久



媚びない人生媚びない人生感想
私、どんだけ媚びないつもりなんだろうか。もっと媚びたほうがいい気がしないでもないのだけれど。 絶対不可侵な自分の軸と、5年をひとつの人生として捉え、5年おきに人生を変える、人生のステージを変えていく。目標が抽象的でもいいというのは、背中を押してくれる言葉だった。ほんとう、目的がない船にはどんな風も順風になることはない、のですよね。
著者:ジョン・キム


コーチング以前の上司の常識 「教え方」の教科書コーチング以前の上司の常識 「教え方」の教科書感想
すごくわかりやすい。新人上司・リーダーで新入社員を迎える人にはうってつけかと。また、そういう管理職を管理する人にとっても「あ、こういう表現すればいいのか」とストンと落ちるところがあって。せっかくそういったわかりやすい実践的ノウハウが展開されているので、もっとそこにページ割いてほしかった、ス。「結果責任は上司、遂行責任は部下、報告責任は部下」たしかにこれをきちんと最初に伝えるだけでも優秀な子だったらがしがし進めてくれるだろうに。誰かさんにおしえてあげたい、ス。
著者:古川裕倫


「また会いたい! 」と言われる女(ひと)の気くばりのルール「また会いたい! 」と言われる女(ひと)の気くばりのルール感想
接遇者に必要な8条件「心の状態管理、自分で考える力、豊かな表現力、相手の気持を感じ対話できる力、アドリブ力・敬語・言葉選びのセンス、スマートな立居振る舞い、サービス精神溢れる対応力、役割に相応しい外見管理」は社会人であれば誰にでも必要だなあ。紳士淑女にサービスする紳士淑女でありたいとも思う。外国の方の前では「日本人らしさ」が役に立つ。指示されたことはできて当たり前、それにプラスα添えて初めて評価される。真の気配りとは周囲を何気なく思いやり、その場の空気を和やかにすること。それくらいでいい。なるほどなあ。
著者:里岡 美津奈


ときめきトゥナイト―星のゆくえ― 1 (りぼんマスコットコミックス (1201))ときめきトゥナイト―星のゆくえ― 1 (りぼんマスコットコミックス (1201))感想
これがおにいさまへ…と同じ値付けなんておにいさまへの冒涜!!"りぼんの付録"レベル。鈴世&なるみちゃん世代を読めばよかったな。やっぱり蘭世&俊世代が至高すぎるんだわ。
著者:池野 恋




おにいさまへ… (Chuko・comics―池田理代子中篇集)おにいさまへ… (Chuko・comics―池田理代子中篇集)感想
これ、ブックオフで100円で買ったけど素晴らしかった。友達に自宅から帰って欲しくなくって「殺すわ!」とか「手紙を書きます。おにいさま…」とか言ってみたいよー。高校入学ってだけで背中に大輪の花しょうし。ちょっと衝撃受けたら白目だし。ソロリフィの会、作ってみようかな。サンジェルマン様とか宮様とか、おもろー。
著者:池田 理代子


沈黙より軽い言葉を発するなかれ―柳美里対談集沈黙より軽い言葉を発するなかれ―柳美里対談集感想
書いてあることが本当か嘘かわかんないし、なんだか途中胸糞悪くなったけど、読了。なぜかこの人の小説もインタビューで発したとされる言葉も何もかもが呪詛のようで、なんか好きになれないのだよな。なんでかなあ。沈黙より軽いもなにも、そこに在る声としか認識できず、言葉として伝わってこないんだよね。なんか怖い。なんでかなあ。でも寺島しのぶさんや岩井俊二さんなど、対談?は楽しく読めた。
著者:柳美里


和子の部屋 小説家のための人生相談和子の部屋 小説家のための人生相談感想
最初はおもしろいかなあ、どこまで本当なんだろう、と半信半疑だったけれど、途中からそれも含めておもしろくなった。川上みえこさんの会は、なんだかなぜか、こちらが照れてしまった、馬鹿か。
著者:阿部 和重


ひかりのまち (サンデーGXコミックス)ひかりのまち (サンデーGXコミックス)感想
これ、再読だった。こんな微温湯の世の中で生きてはいるからか、間違いだらけの人生かもしれないが、晴れやかな気持ちで死ねたらいい。ただそれだけしか思うことができない生なんて、なんてつまらない。ひかりはあるのか、そこに。
著者:浅野 いにお


世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)世界の終わりと夜明け前 (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)感想
絶望の国の幸福な若者たちと大人がよく描かれているなあと思う。
著者:浅野 いにお



読書メーター
関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
QLOOKアクセス解析