プロフィール

ダナヲ

Author:ダナヲ
ダナヲのブログです。
@naoko_hnd
福岡在住、熊本産。
寝るとき枕は使いません。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
まとめなど。


食べログ グルメブログランキング

当ブログで使用している画像・動画・歌詞等は個人で楽しむものであり全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。 権利を侵害するものではありません。
2146

2013年10月に読んだ本

読んだ本の数:7冊
読んだページ数:1662ページ


レター  01.レター 01.感想
言葉にするのもはばかられて真綿のようでちょうちょのようで。著者:ミナペルホネン



読売スタイルブック (1954年)読売スタイルブック (1954年)感想
ほかの新聞社のも読んでみたい。
著者:



知恵蔵裁判全記録―1995-1999知恵蔵裁判全記録―1995-1999感想
すごく悔しかったんだね。組版が綺麗。
著者:鈴木一誌,知恵蔵裁判を読む会


幸服の重ね着幸服の重ね着感想
こんな人おったらほれてまうけどあまりにイケメソ、だからこうして本でその人のおしゃれ哲学読ませていただくくらいがちょうどいい。
著者:柿本景


おしゃれの練習帖  理論派スタイリストが伝授おしゃれの練習帖 理論派スタイリストが伝授感想
ファッションはセンスで頭良くないとだめなんだね!ワードロープは両手広がるくらいで十分。ほんとそのとおりです。見習わねばなるまいよー。。トレンチ、パンツ、ジーンズ、シャツ…サイズ感の判断基準もためになった、気が、します。インナーはボトムスへの橋渡しって、なるほどなーって、思った。
読了日:10月5日 著者:大草直子


一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界一〇〇年前の世界一周 ある青年の撮った日本と世界感想
在りし日のアメリカが誕生する瞬間を目撃しているよう。ベルエポックなファッション、摩天楼の足元を走る馬車と初期の自動車、ガス灯。そして日本もまた美しくて。日常の隅々まで芸術が行き渡り、社会を潤していた時代。まだ世界がとても広かった頃のお話。
著者:ボリス・マルタン,ワルデマール・アベグ


三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)三つ目がとおる(1) (講談社漫画文庫)感想
写楽くんもボクっ娘の和登さんもかわいいかわいい。
著者:手塚治虫



読書メーター
関連記事
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop
QLOOKアクセス解析