FC2ブログ
プロフィール

ダナヲ

Author:ダナヲ
ダナヲのブログです。
@naoko_hnd
福岡在住、熊本産。
寝るとき枕は使いません。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
まとめなど。


食べログ グルメブログランキング

当ブログで使用している画像・動画・歌詞等は個人で楽しむものであり全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。 権利を侵害するものではありません。
311

Has North Korea reached a 'tipping point'?

いつだって現実はズドンと私たちを打ち抜いたり、

ドスンとそこに腰を降ろして私たちを途方に暮れさせる。
でもこの現実というヤツとは一生涯に渡って向き合わなければいけない。
そんな中でも、絵画や音楽や本が、この現実に抗う、抗うというよりは

向かい合うためのエネルギーになれば良いなと私は常々思っているし、エネルギーをもらってる。


韓国に行っている間、東アジアの空気が張りつめた。
というか、むしろずっと緊張状態は続いているのだろうけれど。

いまいち私にはピンと来ないのがゲンジツだ。


私よりも若い男の人が軍隊にみんな行って、拳銃を持ったことがあって、戦車を操縦する。

就活している場合じゃないよーーー!とおびえていた韓国の友達。

とても複雑な気分。
やはり日本とは危機感が違うんだろうな。それが日常に存在するのだから。


日本国憲法第九条が好きなんです。

こんな素敵な文章を国を律するための法として持っていることに、誇りすら感じるのです。

なんか、ジョン・レノンのイマジンを実際に歌っているような、そんな感覚。

春樹のエルサレムでのスピーチ「常に卵の側に」を朗読しているような、静聴しているような、

そんな感じ。


「日本国民は、正義と秩序を基調とする国際平和を誠実に希求し」のくだりなんて、最高だと思う。


たとえそれが絵空事だと言われようとも。美しいものは美しい。


いろいろな意見があるのなら、さまざまな解釈があるのなら、それは常々、話し合われるべきだと思う。

私が思うのは、たとえば外国に日本人が出掛けて行って、なにか居心地の悪いような、

後ろめたいような気分になることを、政府にはして欲しくない。
「私は日本人だ」と胸を張っていられる国であって欲しいと思うし、日本人であることに誇りを持ちたい。



日々是好日




関連記事
  • Date : 2009-06-01 (Mon)
  • Category : 雑感
0

Comment

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop