FC2ブログ
プロフィール

ダナヲ

Author:ダナヲ
ダナヲのブログです。
@naoko_hnd
福岡在住、熊本産。
寝るとき枕は使いません。

World-Word-翻訳
英語English
韓国語 한국어
中国語 中文
フランス語 Franc,ais
ドイツ語 Deutsch
イタリア語L'italiano
スペイン語 Espan~ol
ポルトガル語 Portugue^s
Present's by サンエタ
検索フォーム
まとめなど。


食べログ グルメブログランキング

当ブログで使用している画像・動画・歌詞等は個人で楽しむものであり全ての著作権・肖像権は著作権元に帰属します。 権利を侵害するものではありません。
94

7:10

今日あってたテレビ、NHKスペシャルがおもしろかった。

タイトルは「女と男」。


女は、相手の顔の表情から感情を簡単に読み解くが、

男は必死に脳を働かせてもハズす。

女が悩みを相談するとき、話を聞いてもらいたいだけなのに、

男は解決策を示そうとしてしまう。


みんな男女関係なくアルアルアル。。。と頷くことが多いのでは。


------------------------------------------


夫婦の2組に1組が離婚するというアメリカでは、

国家予算で男女関係について、結婚生活の維持についての研究が行われているそう。


男性は目で、女性は記憶を頼りに恋をする。

男性が主に見るのは腰のくびれ。

細め好み、太目が好みだろうと、くびれがある体に惹かれる。

その対比が腰:おしり=7:10.。

世の中の美しい絵画、彫刻に描かれた

女性たちのくびれの平均値も7:10なのだそう。


やはりカーヴィ・ボディはマスト。

めざせ、ミロ。



日々是好日



それから、カップル間、夫婦間の会話。


「批判→防御→見下し」の繰り返しが起こると、もう会話にはならない。


女性が感情的だという説をよく聞くが、

心拍数からみると、そうとは限らない。

女性はホルモンのバランスによって、

感情をコントロールするのがうまい、という発表もある。


男性は、批判を攻撃と受け止めがち。

当然、批判された女性は(男女関係ないけど)危険を感知し防御しようとする。


見下しをはじめた男性は、どうするか。

「もうこの話やめよ。」

・・と、会話をストップさせる。


ちなみに男性が”見下し”をはじめるとき、

その心拍数は100を超えていた

理性的になれないがために、本能的にシャットアウトしてしまうってこと。


会話を一方的に打ち切るのは85%が男性だそう。


心拍数があがりやすく、もとに戻るのも時間がかかるのは男性。

日々狩猟をしていた男性は、

警戒心を維持するために進化したこの特徴を現在でも保っている。


では、


そんな違いがある男女が

ずっとラブラブでいられるにはどうすればいいのか?


研究からは男女の恋愛維持の障害として2つがわかっている。


1つめは

男性が女性の気持ちを読み違え、ついつい余計なことをしてしまう。


男性は、女性に比べて気持ちや感情が読み取りにくいという報告が出ている。

アメリカペンシルバニア大学では表情読み取りテストを研究中。

喜び、悲しみ、怒り、恐れ。

4つの感情のうち何か、一見読み取りにくい表情の場合、

女性のほうが脳をあまり使わずとも、高い正解率なのだそう。

NHKのホームページ でもできる。


では、夫婦間の会話について。


妻は、職場であったちょっとした出来事や

小さな喜び、悲しみを話し、共有したいと思っている。

しかし夫は解決すべき問題があるときに、会話したい、

と思っている。

これが2つめ。


女性は部族間の、部族外の女性ともに人間関係に積極的にかかわっていた。

一方、集団でも狩りに出ていた男性は

刻々と変わる状況にどう対応するのか、という問題解決型の会話だった。


子どもをともに育てるために始まった女と男の恋愛のメカニズムが、

長い進化を経て、子孫を残すことから、

人生をともに歩むパートナーとしての関係性になってきた。



よりよいコミュニケーションの方法は?


男の人が上手に会話を運ぶことが大切だ、と博士は考えている。


女性に受け入れられるための最大のポイントは、


質問すること。


「ほとんどの人は質問しません。

 いつも主張ばかりしています。」


(たとえばご両親のケンカを見たとき)どう感じたか、聞いてみる。

相手の気持ちを受け取り、

彼女の話を聞いて、

あなたはどうしたいのか、

どう思ったのか、聞く。


分析は必要ない。


そして、一番大切なのが


会話の終わりにもっとも重要な質問をする。

長い人生をともにするパートナーであれば、

ぜったいお互い知っておくべき内容。


それは、

――あなたの夢は何ですか?

――人生で、成し遂げたいことは何ですか??


――どんな祖父として、孫に記憶されたい??


――あなたは??


相手の人生のゴールを聞いたことがある人はどれくらいいるんだろう?



--------------------------------------------


以下、蛇足でふ。


男女関係の研究結果は宇宙開発でも活かされている。

これまで男性中心だったチーム編成が、

男女の関係性にこだわったものになってきた。


チームの能力について150回以上実験・研究した結果、

メンバーが男性だけだと競争心が出過ぎる。

女性だけだと必要以上にリスクを避ける方向がある。


つまり、

男女混合こそ、最強のチームとなる。


ことがわかったのだそう。

女性が得意な、チームをまとめるコミュニケーション力。

男性が得意とする目的を成し遂げる力。


これを活かして、チーム編成をすべきだと。


なんか、最近出た本でも、こういう話出てきた。

福岡伸一さんの。


ビジネスチームにも言えることなんだろう。


特に会議などには、同じ土俵に立てられるならば、
絶対、女性をチームにいれるべき。


まず、人をやたらとけなさなくなる。


女性に、

あの人、批判ばっかしで、自分の意見言わないよね。

(つまり分析ばっか)

って言われたくないという気持ちが男性に無意識に生まれるらしい。


次に、会議が先鋭的になる。
 
これも、女性に

あの人保守的な意見ばっかりで、面白みがないよね。

って言われたくないという

男性の本能が、ツマラナイ会議の抑止力になる。とかなんとか。




-----------------------------------------------


NHKスペシャル、2回目より3回目のがちょっと気になる。


性染色体がXXなら女、XYなら男。

1億7千万年前に獲得したこの性システムのおかげで

私たちは命を脈々と受け継いできた。


実は男をつくるY染色体は滅びつつある、という事実。

「数百万年以内には消滅する」という専門家もいれば、

なかには、来週になって消えても不思議ではないとする意見さえある。



最近動画ばっかりだけど、

たまには、テレビも楽しい。






関連記事
2

Comment

  1. blog19830721

    blog19830721

    2009-01-12 (Mon) 12:57

    興味深い内容でした(笑)自分も女心読めないです^ロ^;(笑)
  2. ダナヲ

    ダナヲ

    2009-01-12 (Mon) 22:31

    まぁ(*^.^*)

    超私的な長い日記を読んでくれてありがとう。
    でも、わかりやすくて本当おもしろかったよ。

    今度、研究会せないかんね。

Comment Form

Comment Form
管理者にだけ表示を許可する
0

Trackback

Trackback URL

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
Return to Pagetop